1. その「ブレインストーミング」時間かけ過ぎてない?短い時間で有意義なアイデアを生み出す手法

その「ブレインストーミング」時間かけ過ぎてない?短い時間で有意義なアイデアを生み出す手法

by The return of the spiceymexrice!
 斬新なアイデアを生み出すための発想術にブレインストーミングという方法があります。ブレインストーミングを行うことで、多様かつ自由なアイデアを集めることが可能になり、自由な発想から生まれたアイデアを様々なものに活用することができるでしょう。

 ブレインストーミングで効率的にアイデアを出すためには、一体どのようにすればよいのでしょうか。今回は、効率的にアイデアを出すためのブレインストーミングの手法を紹介します。

課題の設定

 ブレインストーミングでは、課題に対する解答の形で参加者がそれぞれアイデアを発現します。課題の設定によって集められるアイデアがきまりますから、ブレインストーミングの目的をよく考えながら最適な課題を設定してください。課題は具体的に設定したほうがいい場合と、ある程度大まかな課題の方がいい場合の2つのケースがあります。

 個別で具体的な問題の解決策を探るのであれば前者、より豊かで広い発想から生まれるアイデアを求めているときは後者を意識して課題を設定すると、ブレインストーミングの効率が上がります。

 課題の設定と同時に、課題に関する情報を参加者に伝えておきましょう。より自由な発想を求めるのであれば、あえて一切の事前説明をせずにブレインストーミングを開始することもあります。主催者にとって課題設定は一番の難問ですが、他のケースなどを参考にしながら参加者がアイデアを出しやすいように課題を設定しましょう。

アイデア出し

 アイデア出しでは、参加紗々がそれぞれ自由な発想によってアイデアを生み出し発言します。提案されるアイデアは自由なものであればある程歓迎され、常識はずれのアイデアや荒唐無稽なアイデアの方がより斬新な結論を生み出すことができるでしょう。

 アイデア出しの方法は色々あります。参加者が順番に決められた数のアイデアを発言する、一人ひとり制限時間を設け時間いっぱいまでとにかくアイデアを出す、参加者がそれぞれ用紙に記入して提出する等、参加者が発言しやすい方法を選択してください。

 アイデア出しで最も重要なルールが、他人のアイデアを批判しないことです。批判的な発言や言動は、参加者を委縮させてしまい、自由な発言ができなくなってしまいます。ブレインストーミングの質を高めるためには、自由な発言を阻害する全ての行動は制限されなければならないので、もし批判的な発言が出るようであれば、進行役がきちんと対処しなくてはいけません。

アイデアの相互作用

 参加者によって出されたアイデアを材料に使い、それぞれのアイデアを相互に作用させます。アイデアを連結したり、足りない部分を追加したり、似た要素を抽出したり、アイデアを相互に作用させることによって、より良いアイデアへと改善されていくので、最終結論となるアイデアは斬新なものになるでしょう。


 効率的にアイディアを出すためには、参加者の自由な発想を促進し、活発に発言できる雰囲気を作り出すことが必要です。参加者が気持ちよく参加できるブレインストーミングであれば、斬新で有益なアイデアが生まれる確率は高まるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する