1. 「仕事の飲み込みが遅いかも…」と思った人へ!大切なのは驕ることなく「基礎」に立ち返ること

「仕事の飲み込みが遅いかも…」と思った人へ!大切なのは驕ることなく「基礎」に立ち返ること

by jinkazamah
 仕事に対する悩みは、なかなかなくならないものです。特に、新しい仕事を覚えるまでには、困難はつきものでしょう。「一生懸命やっているのに、結果がついてこない」「上司が丁寧に教えてくれたのに、いざやってみるとうまくいかない」「何度も同じところを指摘される」など、悩んではいませんか?仕事の飲み込みが遅い人が、上司の教えを聞く際に心がけるべきことは何なのでしょうか?

分かっていることでも必ずメモを取る

 「やり方自体はもう理解しているからメモを取らなくても大丈夫」なんて思っていませんか?これは、仕事の飲み込みが遅い人が陥りやすい勘違いです。教わった内容に対して、自己流の解釈や、ほんの僅かな違いがあるだけで、仕事の効率が落ちてしまいます。わかっているつもりになっていても、実は充分に理解できていないというケースはよくあります。

 仕事を教わっていく中では、どうしてもその場ですぐにメモを取ることが難しいような状況もあるでしょう。その場合には、後で時間の取れた時にでも、忘れずに教わった内容を書き残すようにしてください。

 すると、自分では十分に理解していると思っていた事柄でも、実際にはうまく文章に書き表せないということが出てくるでしょう。そのうまく文章にまとめられなかった部分こそ、あなたが飲み込めていない重要なポイントなのです。自分の理解が足りていない部分が明確になったら、上司にもう一度質問するなどして、理解を深めるようにしましょう。

メモを取るときは勝手に要点をまとめない

 メモを取る際は、あなたが重要だと思うところだけを書くのではなく、教わった言葉通り、ありのままを書き残すよう心がけましょう。とは言え、メモに時間をかけ過ぎて仕事に支障が出てはいけないので、すばやく書くようにしましょう。自分で読めさえすれば良いので、乱雑で構いません。

 過去に似たような内容をメモしたことがある場合でも、とにかくメモを取るようにしてください。似ていると思っても、実際に読み比べてみると微妙なニュアンスの違いがある場合もありますし、もし全く同じ文言であるなら、それは過去に指摘されたにも関らず、今も身につけられていない重要なポイントとなります。

 仕事の飲み込みが遅いということは、要点を掻い摘んで要領よくこなすことが苦手だということです。あなたが重要だと思っているポイントと、本当に重要なポイントが必ずしも一致しているわけではないという認識を持ちましょう。

メモを読み返して復習をする

 せっかくメモを取っても、書くだけ書いてそのままというのでは効果が半減してしまいます。家に帰ったらその日のうちに読み返すようにしましょう。実際に教わったときのことが頭に残っているうちにメモを読み返しておくことが大切です。

 できれば、新たにノートを用意して、綺麗に書き直すことをお勧めします。何度も書くことによって内容が頭に入ってきますし、読みやすくまとめられたノートを見返すことで、同じ質問を繰り返すことなく、自己解決できるようになるでしょう。


 以上の三点を実践するだけで、仕事の飲み込みは格段に速くなっていくはずです。社会人になってから、メモを取る・ノートに纏めるということから疎遠になっていた人は是非実践してみて下さい。

 大切なのは、自分のできていない点を正確に把握すること。もしあなたが上司から同じところを何度も指摘されているのであれば、それはその部分に対するあなたの認識が不十分であるか、もしくは間違った解釈をしているということです。上司の教えは謙虚な気持ちで聞くように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する