1. 「仕事」の成果を上げる王道テクニック!細かな作業を改善してキャリアアップを目指そう!

「仕事」の成果を上げる王道テクニック!細かな作業を改善してキャリアアップを目指そう!

by T.Kiya
 仕事の成果を高めるためにはどのようにすればよいのか、おそらくは誰もが考えることだと思います。そのひとつとして、作業を改善していくということがあります。ひとつひとつの作業を見直して、無駄を省いていったり効率を高めたりすることによって、結果としてその仕事の成果をより良いものにしていくというわけです。

作業を改善するとは

 方法を紹介する前にまず抑えておきたいのが、作業を改善する必要性の認識です。最初から完璧な仕事というものはありません。やはり人が行うものですし、その人によってもそれぞれ違いますので、全く同じ作業内容で誰でも同じ結果になるとは限りません。ですから仕事を行う上で、最高のパフォーマンスを出すためには、常に作業の改善が必要なのです。それでは今以上に仕事を良くするために作業を改善する方法を紹介していきます。

1. 周りを見るようにする

 世の中の流れは早いものです。その中でいつまでも同じ作業の仕方をしていたのでは、その流れに対応できなくなってくることもあります。そこで、周りの人が何をやっているのか、自分とどう違うのかを考え、それを元に自分の作業を改善していくのが第一歩です。

2. 細かい所にも気を配る

 より良い仕事をするためには、大雑把に仕事をするのでは無く、きちんと細かい所、普段気にしないような所まで気を配らなければいけません。ですが、いきなり細かい所まで意識するのは難しいので、まずは普段自分が何をしているかを確認していくのが重要になります。そこから何か改善できることはないのかを考えていくのがよいでしょう。

3. 自分自身の意識も変える

 仕事をより良いものにするためには、作業のみでなく自分自身の意識も変えていかなければなりません。そのために、常に自分が遂行したい目的のために自分は何ができるのか、自分の役割について意識していくことが大切です。


 もちろん日々より良い仕事の成果に繋げるためには、効率を上げて無駄を省き、そしてより良いサービスに繋がるようにはどうすればよいのか、その目的のためにひとつひとつの作業を見直すことが大切です。

 ですが、自分以外も常に競争力を高めるために改善を行っていますから、それに対抗するためにも、それ以上の改善を常に念頭に置いて行動することが必要となります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する