1. 実は真面目に考えすぎ?仕事が出来ない人の2つの悩み「要領が悪い」「仕事が遅い」を解決する方法

実は真面目に考えすぎ?仕事が出来ない人の2つの悩み「要領が悪い」「仕事が遅い」を解決する方法

 仕事の締め切りに間に合わなかったり、仕事をしている中で、自分の進捗だけが遅いと感じているビジネスマンも多いのではないでしょうか。仕事が遅い原因として、要領が悪いということが挙げられます。ここでは、要領が悪く仕事の速度が遅い場合の対処法を紹介していきたいと思います。

締め切り時間を定めて仕事を進めていく

 要領が悪い場合、仕事の時間そのものを短縮していく必要があるでしょう。そのためには、締切時間を定めて仕事を進めていくことが重要になります。自分で締め切り時間を定めて仕事をすることで、最初は時間をオーバーしている場合でも、効率化を考えていく中で、要領よく仕事を進めることが出来るでしょう。

面倒くさいと思う気持ちを持つ

 一見「面倒くさい」という言葉は、マイナスのイメージがありますが、面倒くさいという気持ちは、仕事の簡略化や効率化を図ることが重要なことになるのです。面倒くさいと仕事の中で感じたことは、どうすれば、面倒くさいという気持ちがなく、仕事をすることができるのかを考えていきましょう。


 ここでは、要領が悪く、仕事が遅い人に向けて、対処法を紹介しました。しっかりと仕事に対しての認識を持つことで仕事の要領を掴み、スピードアップして仕事に臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する