1. 「ブランド力」が何よりも重要!Diorのマーケティング戦略の変化

「ブランド力」が何よりも重要!Diorのマーケティング戦略の変化

 日本において高級市場が注目の的として挙げられていますが、その中でも注目されている会社にDiorという会社が挙げられます。この会社は、近年の市場の変化によりマーケティング方法を変化させています。そこで、ここではDiorから学ぶ高級市場におけるマーケティングのポイントについて簡単な会社の歴史などの解説とともに紹介していきたいと思います。 

Diorとはどのような会社か 

 Diorは、化粧品やファッションなど幅広い分野の商品を手掛けている会社です。日本においては、海外からの輸入品を中心として展開されています。現在では、日本各地に自店舗を展開するほか、デパートにも店舗を展開しており、海外ブランドとしての地位を示しています。  

Diorのマーケティング

Diorの失敗

 Diorは一時期、新興市場において富裕層が増えたことによって市場が拡大できるのではないかという期待を持ってマーケティング戦略を展開していました。しかし、そのような国の平均所得はまだ低く、富裕層が増えたとしても、販売範囲が広がりにくいというデメリットがあります。また、世界経済の低迷もあり、高級品の需要が減少し、市場の拡大は失敗に終わりました。 

失敗から学んだDiorの施策

 最近のDiorでは、市場拡大よりも価値ある高級品を届けるという本来の伝統に立ち返ることをマーケティングの方針としており、ブランドの価値の低下を防止しながら、自社の地位を固めています。Diorでは、その方針に基づき、ブランド物のイメージである、「有名人が着ているものを顧客が欲しがる」というようなマーケティング手法を復活させました。こうした取り組みにより、Diorはマーケティングの失敗を取り返し、現在の地位を築いています。


 ここでは、Diorのマーケティング施策を紹介しました。ブランディングを優先し、自社ブランドを低下させない施策で、自社の価値を守ることが重要であると、Diorのマーケティングから学ぶことが出来るでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する