1. 気付いたら「その場で対策」が正解!仕事が遅いと自覚した人がまず行うべきコト

気付いたら「その場で対策」が正解!仕事が遅いと自覚した人がまず行うべきコト

 仕事が遅いと自覚してしまった人は、早めに対策を打つ必要があるでしょう。自分として取り組むべきことをしっかりと考えて、仕事のスピードを上げることや周りの人に協力を要請することが重要になるのではないでしょうか。ここでは、仕事が遅いと自覚した人が取るべき対策を紹介していきます。

進捗状況を常に把握して早めにヘルプサインを出す

 自分の仕事として現時点まででどの程度業務が完了しているのか把握することが大切です。進捗状況を把握することにより、今のペースでは間に合わないと判断できます。自分の能力的に間に合わないということが分かった時点で、ヘルプを要請しましょう。上司や同僚に相談し、仕事が遅くても、しっかりと期日に間に合わせることが重要です。

仕事に入る前に段取りを考える

 仕事に入る前に段取りを考えることも対策として重要でしょう。これから業務時間に行うことを頭の中で、ざっとシュミレーションをしてみます。業務の流れと時間をイメージしておけば、業務開始後すぐにやるべきことに取り組むことができ、次の作業の段取りも考えやすくなるでしょう。


 ここでは、仕事が遅いと自覚してしまったときに取るべき対策を紹介しました。段取りを考えて自分の中で対策を行うと同時に、周りにヘルプを要請することで、仕事を早く終わらせることも重要になるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する