1. ちょっとした工夫で仕事のミスが激減!「ゆとり」のある心を持つ3つの方法

ちょっとした工夫で仕事のミスが激減!「ゆとり」のある心を持つ3つの方法

by Buskers Bern
 質の高い仕事をするためには、常に心にゆとりを持って仕事にあたらなくてはいけません。ゆとりのない状態で仕事をしてしまうと焦ったり余裕をなくしてしまい、業務に重大な支障をきたしてしまう恐れがあります。

 しかし、心のあり方ひとつで仕事の質は大きく変わるもの。プレッシャーのかかる重要な仕事でも、心にゆとりを持って臨めば平常心で普段の仕事と同じように接することができます。今回は、仕事をする上で心にゆとりを持つ方法を紹介します。

1. 手順を確認する

 何か仕事に足りない部分や漏れがあるのではないか、という意識が焦りを生んで心からゆとりを失わせてしまいます。仕事を行う時は正しい手順を意識しながら進め、時折手順通りに仕事が進んでいるかどうかを見直しましょう。手順通りに仕事を進めることで過不足なく仕事を進めることが可能になり、仕事の進め方を見直すことで確かな仕事をしているという自信が生まれます。

 自信は心の安定につながり、ゆとりを生む源になります。仕事に自信が無ければゆとりを持って仕事をするのは不可能です。手順が仕事に安定感を与え、ゆとりをもつための枠組みとして機能してくれます。

2. 周囲を信頼する

 自分一人で仕事をこなさなければいけない、という気負いは、心から余裕を奪う原因になります。仕事に責任感を持つのは良いことですが、すべてを自分一人で背負いこんでしまってはいけません。過度な責任感は余裕を奪い、ゆとりを失わせてしまいます。

 もし万一自分が仕事を達成できなかったとしても上司や同僚がフォローしてくれる、という信頼感があれば、過剰に気負うことなく落ち着いた気持ちで仕事をこなすことができます。自分一人で全てを抱え込んでしまおうとする態度は捨て、何かあった時は周囲を信頼するようにすれば、自然と心に余裕が生まれゆとりを持って仕事をすることができるでしょう。

3. 休憩する

 肉体的・精神的な疲労は、心からゆとりを奪う大きな原因の一つです。仕事に対して疲れを感じたら、無理をせずにいったん休憩をして心のゆとりを取り戻すことが大切。人間の集中力が持続するのは90分が限度といわれています。それ以上集中を続けることは肉体と精神の両方に過度の負担をかけることになってしまいます。普段の業務中も最低90分に一度は休憩をはさむようにすると、常に心にゆとりが生まれ最高のパフォーマンスを保った状態で仕事をすることができるようになるでしょう。

 長期的なスケジュールでも休憩は重要な要素です。連日遅くまで仕事をしているのに、休日もびっしりスケジュールを埋めてしまっては、心がゆとりを失ってしまいます。時には何も考えずにのんびりする時間を作り、心をリフレッシュすることが重要です。


 心のゆとりを無くしてしまうと、仕事に対する視野が狭まってしまい、ミスの兆候や血管を見逃してしまいかねません。効率が悪く思えても、常に心のゆとりを意識しながら働くことが、仕事の質を高める結果に繋がります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する