1. コミュニケーション不足は危険の証!?仕事が遅い人に共通する「行動パターン」

コミュニケーション不足は危険の証!?仕事が遅い人に共通する「行動パターン」

by Pavel P.
 他の人と同じ仕事をしているはずなのに一人だけ遅れている、いつまでも終わらないという人は多いのではないでしょうか。フリーランスで納期も関係ない仕事をしているというならば話は別ですが、ほとんどの仕事は一人ではなくチームであったり、顧客がいたりするため、周囲に合わせて進めていく必要があります。一人だけ遅れたためにすべての工程が遅れるようなことがあってはいけません。仕事が遅い人の行動にはいくつかパターンがあります。ここでは、そのパターンを紹介します。

優先順位が把握できない

 仕事が遅い人の行動パターンで多いのが、仕事の優先順位が把握できないというものです。仕事の優先順位というのは職場や職種などによって千差万別で、見てすぐにわかるというものではありません。

 しかし優先順位が付けられない人は「今しなければならないこと」というものに対する意識が低いので、とりあえず目の前にある仕事に取りかかり、優先順位が高いものを置き去りにしてしまうという行動をとってしまいます。そして結果的に仕事が遅いということになってしまうのです。

 段取りをつけることができないので、中断した仕事を再開せずに違う仕事を始めてしまう、といったことも仕事を遅くする原因になります。

コミュニケーション不足

 仕事が遅い人の行動パターンに、コミュニケーション不足があります。これは、わからないことを人に尋ねることができないのです。分からないことがあったら、分かる人にちょっと聞いてみるだけでいいのに、一人で解決しようとして堂々巡りを繰り返すために時間を使ってしまい、結果的に仕事が遅くなってしまいます。


 仕事が遅い人の行動パターンに共通するのは、自分の仕事を把握できていない、そのために仕事の優先順位がわからず、段取りもつけられない、という点にあります。このことを意識して仕事に取り組めば、少しは改善の兆しが見えてくるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する