1. 単なる分析では効果ゼロ!データ分析をマーケティングでするときに気をつけたいこと

単なる分析では効果ゼロ!データ分析をマーケティングでするときに気をつけたいこと

 マーケティングをするときに確実性を挙げたり、より顧客のニーズを 正確に捉えるためにデータ分析をすることが増えています。データ分析をすることで、マーケティングの効果も上がるのではないでしょうか。ここでは、データ分析をマーケティングに活かす上で気をつけておきたいことを紹介していきたいと思います。

分析の目的をしっかりと押さえる

 マーケティング戦略でデータ分析を行う際には、何らかの目的があります。まず初めに、データ分析を行う上での目的は何かをしっかり考えましょう。最初の時点で、データ分析の目的が明確に定まっていなければ、なぜ、データ分析をするのかわからないままスタートすることになり、コストがかかり、効果の薄いデータ分析になってしまうでしょう。

仮説を立ててデータで検証することを意識する

 データ分析をするときに必要なのは、ある程度仮説を立てることではないでしょうか。考えられる仮説を立証したり、実証したりすることが、データ分析では重要になります。ある意味、自分の経験や考えの裏付けを取るためにデータ分析があるということを意識することが必要です。


 ここでは、マーケティングでデータ分析を行うときに気をつけるべきことを紹介しました。データ分析をするときは、自分の考えや、マーケティングとして何を目的にするのかを考えて分析をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する