1. 既存の会議のデメリットを打破出来る!ブレインストーミングをする目的

既存の会議のデメリットを打破出来る!ブレインストーミングをする目的

 ブレインストーミングを会議でするというビジネスマンの方も増えてきています。しかしブレインストーミングをする目的を認識していないと、良いアイデアや結果には繋がらないのではないでしょうか。ここではせっかくの時間を無駄な会議をしないためにも、ブレインストーミングをする目的を紹介していきたいと思います。

「アイデアを出すこと」が大きな目的

 ブレインストーミングをする目的として、アイデアを出すことが挙げられます。アイデアが多く出ることで、意見の交換が活発になり、より良いアイデアが生まれることに繋がるのではないでしょうか。

頭を柔軟にするためにブレインストーミングが行われる

 会議や、かしこまった場でアイデアを考えていると、どうしても杓子定規にはまったアイデアしか出ず、新規性や斬新さの多いアイデアは出てきません。また、発言する人が固定されることで、アイデアとしても、似たり寄ったりのものが多くなってしまうのではないでしょうか。意見の多様性や、頭を柔軟にする目的がブレインストーミングにはあります。


 ここでは、ブレインストーミングをする目的を紹介しました。固定観念や、常識にとらわれないようなアイデアを出すことがブレインストーミングの目的と言えます。しっかりと意識をしてブレインストーミングに臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する