1. 積極性が成功の鍵!初参加でもブレインストーミングで良いアイデアを出すためのポイント

積極性が成功の鍵!初参加でもブレインストーミングで良いアイデアを出すためのポイント

 会議や、問題解決をするためにグループで話し合う時に、良いアイデアを集めるために用いるのが、ブレインストーミングです。ブレインストーミングをすることで、アイデアをたくさん集めることができるでしょう。ここでは、ブレインストーミングをするときのポイントを紹介していきたいと思います。

アイデアを否定しない

 ブレインストーミングのルールにも含まれているのが、アイデアを否定しないということです。「それは上手くいかないと思う」とか「いいアイデアとは思えない」などと否定したり、個人的な感想を述べてしまうのはいけません。否定的な発言によってアイデアの幅が狭まってしまう恐れがあるでしょう。「こういう場合はどうしたらいいか」とか「こうしたらもっといいと思う」と言うようなアイデアを広げる形の発言にするようにしましょう。

思いついた事をどんどん発言する

 ブレインストーミングを初めて行う人に多いのが、会議の流れを読もうと必死になり、自分のアイデアを発言できなくなってしまうという事です。その場の流れを読んで結果を出そうとする事は、アイデアの幅を狭めてしまう事でもあり、ブレインストーミングの狙いからも外れてしまう行為です。自分でいいと思ったアイデアは発言するような意識を持つ事が重要になります。


 ここではブレインストーミングを行う際のポイントを紹介しました。ブレインストーミングを行うときは、普段の会議とは違うスタイルを求められることもあります。しっかりとポイントを押さえてブレインストーミングに参加しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する