1. 【究極のアイデア出し】ブレインストーミングでは「ポストイット」を活用すべし!

【究極のアイデア出し】ブレインストーミングでは「ポストイット」を活用すべし!

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 新しい企画を考えたりアイデアを出すために、ブレインストーミングは頻繁に使われます。その中でも比較的多いのが、ポストイットを使ったアイデア出しではないでしょうか。例えば、参加者それぞれがポストイットにアイデアを書いて出していき、似たようなアイデアをまとめて検討していくKJ法は有名です。では、ポストイットを活用するメリットとは何なのでしょうか。今回は、ポストイットを使ったブレインストーミングの効果について見ていきたいと思います。

参加者全員が意見を出すことができる

 ポストイットを使うブレインストーミングの最大のメリットは参加者全員が意見を出せることです。普通の会議であれば、発言する人が限られていたり、立場の上下で言いたいことが言えなかったり、制限が多いでしょう。

 しかし、ポストイットに書きだす作業に変えると、全員が何かしらのアイデアを書かなければならないので、参加者全員のアイデアをすくい上げることができます。また、それに伴い主体性を持って会議に臨めるというのもメリットでしょう。

まとまっていないアイデアも出すことができる

 普通の会議では、きちんと意見を整理してから発言をしないといけません。「なんとなく」は許されません。しかし、ポストイットのアイデア出しでは、アイデアが断片的でも、根拠がなくてもいいのです。

 まだ、まとまっていないアイデアの断片を出すことで、ほかのアイデアと繋げて新しいアイデアが生まれたり、他の人が触発されてアイデアを完成させることもできます。まさに、ポストイットを使ったブレインストーミングの特徴はこれで、アイデアの断片を出して成長させていくことにあります。

全体を見渡して見当ができる

 普通の会議では、前に言った意見が忘れられがちで、結局、最後の方に出た話題で結論がまとまりがち。しかし、ポストイットを使うと、出された意見全てがテーブルの真ん中に集まります。そして、全体を見渡しながら、それらのアイデアをまとめたり、つなげたり、改良していくことができるのです。



 いかがでしたでしょうか。ポストイットを使ったブレインストーミングには他にもメリットがいろいろとあります。堅苦しい会議とは違い、眠くなる暇もないこと、参加者がちょっと楽しい気持ちになること…。ブレインストーミングの成果的にも、参加者の気持ち的にもメリットの多いポストイットの活用。ぜひ試してみてメリットを体感してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する