1. なぜこのフレームワークが優秀なのか?アイデアの発想法として「ブレインストーミング」が選ばれる理由

なぜこのフレームワークが優秀なのか?アイデアの発想法として「ブレインストーミング」が選ばれる理由

by Peter aka anemoneprojectors - camera busted!
 アイデア発想のためのフレームワークとして知られているのがブレインストーミングです。ブレインストーミングを利用することで従来の方法とは全く異なる形でアイデア発想を成功させることが可能になります。

 ブレインストーミングが多くの現場で活用されているのには、それなりの理由が存在します。では、ブレインストーミングが活用されている理由とは何なのでしょうか。今回は、フレームワークとしてブレインストーミングを選ぶ理由について解説します。

導入コストが低い

 ブレインストーミングには、特に必要となる道具などは存在しません。必要になるものは紙とペン、ホワイトボードくらいのものです。どれも一般的なオフィスなら必ずあるものばかりですので、新たに道具を調達するコストがいらず、導入へのハードルは非常に低くなっています。

 導入コストが低いということは、実際に試してみることが簡単にできるということでもあります。ブレインストーミングを試してみて、初めて真の意味に気付くこともあるでしょう。フレームワークとしてブレインストーミングが選ばれるのは、実行までのコスト的なハードルが非常に低いことが理由の一つとして考えられます。

誰でも参加できる

 ブレインストーミングに参加するのに特別な知識やスキルは必要ありません。多様で豊かなアイデアを活用するというブレインストーミングの意義から考えると、むしろ知識やスキルは自由な発想の妨げとなる可能性もあります。

 ベテランも素人も等しく参加可能なため、どのような現場でも導入しやすく新たな参加者を獲得することが容易になるでしょう。どの現場で始めても等しくすべての人が参加できるというのが、ブレインストーミングが選ばれる理由の一つとして考えられます。

これまでにはないアイデアを獲得できる

 ブレインストーミングでは、自由で柔軟な発想から生まれたアイデアを利用して、これまでにはない斬新なアイデアを生み出すことができます。

 従来の硬直した会議ではデメリットを恐れるあまり斬新なアイデアを発現することがためらわれてしまいますが、ブレインストーミングでは奇抜で柔軟な発想から生まれたアイデアを発現することが歓迎されます。

 集められたアイデアの中から有効な部分を集め足りない部分を補完することで、実現可能性を持ちながらも、これまでにはないような斬新なアイデアを獲得することができます。


 フレームワークとしてのブレインストーミングの利点と特性を理解すれば、多くの現場でブレインストーミングが採用されている理由が浮かび上がります。ブレインストーミングにはほかのスタイルにはない特徴があり、多くのメリットをもたらすでしょう。それこそがフレームワークとしてブレインストーミングが選ばれる理由であり、多くの現場で活用されている理由でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する