1. あなたのアイデアが独創性を生む!ブレインストーミングを行うときの正しい手順

あなたのアイデアが独創性を生む!ブレインストーミングを行うときの正しい手順

by hackNY
 何でも一人で考えるよりも集団で意見を出し合うことによって良いものが生まれる事があるでしょう。そのための方法がブレインストーミングです。今回はそれを行う際の正しい手順についてみていきます。

1. 判断せずに意見をどんどん出していく

 人数は多い方が良いのでグループで話し合いをします。この中には同僚というだけではなく、上司、部下も混ざっていることが少なくありません。良く上司がやってしまいがちなのが、部下の出したアイディアを、つまらないからと自分が思ったという理由で却下してしまうこと。

 そんなのはダメだとか、予算が足りないじゃないかなどというような案はすぐに出さずに、否定してしまわずに、こういう考えはあるけれども、それをどうすればうまくやっていくことが可能か、良いものが生まれるかという視点で少しの可能性も実現させようという前向きな考え方で臨むことが大切となってきます。

2. ユニークな考え方も重視しながら進める

 凡人が考えるアイディアは万人には受け入れられやすいですが、それでは可能性は生まれてきませんね。ユニークだったり、斬新だったりするちょっとひとひねりしたような、変わったアイディアも受け入れることが大切です。

 世に名を残している発明家も、最初はみんなに驚かれたり、そんなの無理に決まってるじゃないか、馬鹿げているよ。出来ないに決まってるじゃないかと言われながらもコツコツと努力を続けて成功を収めています。

 ちょっとした人とは違う視点を持って、今の世の中にはないアイデアや製品を生み出そうという思考も必要となってくるでしょう。

3. 一つの良いアイデアに満足せず次の意見を出す

 発明家のようなもの凄いアイデアを出そうとかまえているとなかなか良い物は浮かんできません。どんな些細な物でもいいですからとりあえず思いついたものを発言してみましょう。こんな自分の案はつまらなすぎるかななどと躊躇したり遠慮したりしてはいけません。

4. まとめ

 以上が、ブレインストーミングを行うときの正しい手順です。最後はこれらの話し合いで出てきたさまざまな意見をうまく融合させることによって、より良いアイディア、企画へと発展させていけると良いですね。最初は慣れない間は大変だと思いますが、頑張ってみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する