1. 最新のニュースはネタの宝庫!企画会議を活性化させる魅力的な「ネタ」を見つける3つの方法

最新のニュースはネタの宝庫!企画会議を活性化させる魅力的な「ネタ」を見つける3つの方法

by angeloangelo
 企画会議を活性化させるためには「ネタ」が必要です。活性化に貢献するネタを提示することで、参加者は企画会議に対してより積極的にアプローチするようになり、斬新で役立つ意見が沢山集まるでしょう。

 ネタが無ければ参加者は全てを自分の考えだけで用意しなければならず、負担が大きくなってしまいます。そこで今回は、企画会議を活性化させるような「ネタ」の見つけ方を紹介します。

1. 最新のニュースに目を通す

 最新のニュースはネタの宝庫です。全く新しい技術や制度を知ることができるうえに、時代の最先端に触れることで現在とのトレンドを掴めます。

 企画会議に提案するネタが正しく時代を押さえたものであれば、トレンドに適応した企画が生まれやすくなりますし、最先端のネタを提供すれば最先端の技術や制度にあったアイデアが出やすくなるでしょう。

 最新のニュースは日々更新されれていくため、ネタ探しにも困りません。黙っていてもどんどん新しいネタが提供されるので、ネタ探しにかかる労力を大きく節約することが可能になります。

2. 過去の企画を掘り起こす

 過去の企画をサンプルケースとしてネタにするのも有効な方法です。企画の成功した部分を参考にしたり、失敗した部分に対する改善提案を募ることで、アイデアを生むきっかけが生まれ、方向性の揃ったアイデアが生まれることになります。

 過去の企画の中で現在にも応用可能なものがあれば、積極的に取り入れていくことができます。また、使える部分を生かし問題のある部分を改善していけば、過去の企画を応用する形で新しい企画に昇華させていけるでしょう。

 過去の企画をネタにすれば、なぜそのような結論に至ったのか、を言うことを推測する形で企画の最適な構成を学ぶこともできます。サンプルとして提示されている企画があれば、意見を言いやすくなり発言も積極的に行われるはずです。

3. 他社の企画を分析する

 ライバル社の企画をネタにして企画分析すれば、企画の構成を論理的に分解しながら企画の全体像を知ることができます。

 ライバル社の企画には、自分たちでは思いつかないような斬新な切り口から考えられたアイデアが盛り込まれているもの。企画会議が一方的なものの見方に固定されることを防ぎ、切り口の数を増やして発想の転換を図るためには、他社の企画が最高のネタになるでしょう。


 企画会議を活性化させるためには、参加者の興味や好奇心を刺激するようなネタを提供しなくてはいけません。ネタとはアイデアを生むためのフックであり、発想を促す呼び水の役割を担います。ネタが良質なものであれば会議は活性化し、より活発な意見交換の中から理想的な結論が導き出されます。

 ネタ探しが企画会議を左右する、といっても過言ではありません。参加者の興味をふくような良質のネタを探しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する