1. 周りなんか気にするな!売上ノルマにのしかかるプレッシャーを自分の力に変える方法

周りなんか気にするな!売上ノルマにのしかかるプレッシャーを自分の力に変える方法

by Wonderlane
 売上に対する仕事でのプレッシャーを有効に使うためには、よい緊張感を持って良い売上を出せるように、がんばれる状態を保つ必要があります。この状態が続くようでしたら、よい結果が出せます。
 
 ここでは、ライバル、上司や会社の期待、顧客に対する3つの視点に分けて売上に対する仕事でのプレッシャーを有効に使う方法を紹介していきます。

1. ライバルに対するプレッシャー

 商品を売る際は、必ずライバルがいます。ライバル店や同僚のライバルです。プレッシャーは相手との対抗意識を持って相手よりも売上を上げることを目標に頑張ることです。このプレッシャーを持つことで、よい売上につなげることができます。

 ライバルの良いところや悪いところを見極め、それらを自分に反映し、ライバルの良いところは取り入れて、悪いところは自分なりに改善して良いものにします。お互いが良いライバルで良い緊張感、プレッシャーを持つことで売上に対して良い結果を出せるようになります。

2. 上司や会社の期待に対するプレッシャー

 上司や会社に良い報告をするために良い緊張感やプレッシャーを持って売上に対して頑張るということです。そうすることで、仕事に対して頑張れる状態やよいプレッシャーの状態が続き、結果や売上を出せるようになります。

 まずは、上司や会社が何を望んているのかを考えます。そして、それを売上につなげることです。上司や会社の要望があればそれに答えるように頑張ります。上司や会社の要望をしっかりと聞くことが必要です。上司や会社の期待に答えようという、良いプレッシャーの状態を持って頑張ることです。そうすることで最終的に良い結果や売上を望めるようになります。

3. 顧客に対して満足してもらうプレッシャー

 顧客に対して、良いサービスや物を提供できるように期待に答えるというプレッシャーを持つことです。期待に答えて喜んでもらえるように頑張るべきです。

 そのためには、顧客のニーズをしっかりと把握する必要があります。自分が提供されるという立場になってみて、サービス受けてみたり、物を使用することで良い点や、悪い点が見つかるかもしれません。そうすることで顧客の満足度も上がり、良い結果や売上につながります。

 顧客が何を望んでいるかをしっかりと把握し、良いサービスや物になるように改善するしていきましょう。

 以上が、売上に対する仕事でのプレッシャーを有効に使う方法です。それぞれの視点の特徴をしっかり理解し、売上に繋げていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する