1. 解決すべき「課題」を事前に共有する!停滞しがちな企画会議を活性化させる3つの方法

解決すべき「課題」を事前に共有する!停滞しがちな企画会議を活性化させる3つの方法

by emdot
 企画を立案するために欠かせないのが企画会議です。企画会議では、参加者の活発な発言を通じて企画を磨き上げ、それぞれの提案をより良い形にすることが求められます。

 企画会議が有益なものになるかどうかは、活性化できるかどうかが重要なカギを握っていると言っても過言ではないでしょう。活性化しない会議では発言も行われず、いつまでたっても企画が形になりません。企画会議を活性化させるには様々な方法があります。今回は企画会議を活性化させる方法を紹介します。

1. 優れた意見を求めない

 優れた意見を出さなければ、という気持ちが緊張を生み、発言すること自体をためらってしまいます。有益で優れた意見などそう簡単に出るものではありません。まずは何でもいいから気軽に発言できる雰囲気を作ることが大切です。

 質の高い意見を求めるのであれば、発言機会そのものを増やさなければなりません。質を生み出すのは量であり、少ないチャンスで有益な意見を出すのは非常に困難です。

 一見無駄に思える意見でも、数多く発言していくうちに何か役立つ意見が出てくることは珍しくありません。参加者がどんどん発言をするように、発言者の内容についてネガティブな意見を言ったり、発言を咎めるような行為は控えましょう。委縮せずのびのびと発言してもらうことが、企画会議の活性化につながるのです。

2. 課題を提示する

 何もない所から意見を生み出すのは難しいものです。そんな時は企画会議の最初に課題を提示して、その課題に対する意見やアイデアを募る形式を用いると、発言がしやすくなるでしょう。

 「○○についてどう思うか」と聞かれれば、何らかの発言はしやすくなります。それが有益なものかどうかは分かりませんが、何度もアプローチを変えながら課題について考えていくうちに、自然と考えが磨き上げられ、有益な意見に昇華されていくものです。

 課題提示型の方法を実践すれば、会議の目指す方向と目的が自然と形作られるようになり、参加者が主体的な意識で企画会議に取り組む姿勢が生まれます。

3. 意識を共有する

 複数の人間が参加しているということを最大限に活かすのであれば、参加者同士がお互いの意見を参考にし、より質の高い意見を提示していく形が理想的です。

 意見交換で重要になるのが、参加者間の意識の共有です。会議の目的や前提条件が共有されていなければ、意見交換を正しく行うことはできません。共有しているつもりで意識にずれがあった場合は、結論が誤った方向に行ってしまう可能性もあります。共有すべきことについては、ホワイトボードなどに大きく書き出して、全員が正しく共有できるようにしておくことが求められます。

 

 盛り上がらない企画会議ほど無残なものはありません。企画会議が盛り上がらないのは議題に問題があるわけでも参加者に問題があるわけでもなく、会議の方法に問題があるのです。

 様々な工夫を取り入れることで、企画会議を活性化させるのは難しいことではありません。参加者が発言し安様な環境を整えることが会議を活性化させ、より優れた結論をもたらすことでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する