1. 「費用」ではなく「投資」と捉える!マーケティングのプロモーション戦略における注意点

「費用」ではなく「投資」と捉える!マーケティングのプロモーション戦略における注意点

by Tusken91
 マーケティングにおけるプロモーション戦略は、情報量が飛躍的に増大している今日において非常に重要なものとなっています。これは、いかにしてその溢れている情報の中に「消費者を振り向かせる良質なプロモーションコンテンツ」を入れ込んでいけるかが勝負となっているためです。しかし、そこには注意点も存在します。ここでは、プロモーション戦略を考える際の注意点を紹介していきます。

1.「場所」や「タイミング」を意識し柔軟に行う

 プロモーション戦略は、「場所」と「タイミング」でその内容を柔軟にすることが必要です。これは、マーケティングにおいては他社との違いが重要視されますが、消費者はそこに興味を持って見ていない場合もあるからです。

 よってここでは消費者が「おもしろい」と思ってくれるようなコンテンツを発信するなど、製品やサービスに特化しすぎないプロモーションを行う必要があります。

2. 「費用」ではなく、「投資」と捉える

 プロモーション戦略がうまくいかない、あるいは中途半端なものになる要因として、プロモーション戦略を「費用」として考えるということが挙げられます。費用として考えると、「できるだけ安いほうがいい」、「可能な限り効率よくプロモーションしたい」という発想になり、積極的なものではなく、消極的なものとなってしまいます。

 もちろん経営リソースは最大限効率化しなければいけませんが、その上で、プロモーション戦略を「投資」と捉えることが必要です。

 以上が、マーケティングのプロモーション戦略を考えるときに注意したいことです。プロモーション戦略は、場所とタイミングに合った、適切な投資を行うことが必要であると言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する