1. 「売れる仕組み」作りはここから始まる!マーケティングの「販売戦略」を考える時に注意したいこと

「売れる仕組み」作りはここから始まる!マーケティングの「販売戦略」を考える時に注意したいこと

by pedrosimoes7
 マーケティングにおいては、商品開発についてのものをイメージしがちですが、販売戦略を考える上でも非常に重要になります。商品の開発から消費者が手に取るまでがマーケティングです。ここでは、そういった、マーケティングで販売戦略を考える時に注意したいことについて紹介していきます。

1. フロントエンド商品とバックエンド商品をうまく分けること

 この二つのバランスがうまくつながっていないと、フロントエンド商品で集客率を上げようとしても、それだけではうまく利益につながらず、バックエンド商品ばかりに目が行ってしまうと、今度は集客がうまくできなくなります。

 そのため、どのような主力商品から、どのようなものを顧客が買ってくれるのかを十分に調査をして事前にマーケティングをして販売戦略を立てなければならないのです。

2. あらかじめ、売れる量を見極め、商品の管理をすること

 次に、あらかじめどれぐらいの量の商品が売れるのかという見極めが必要です。顧客の動向の調査から、その後の販売戦略の展開までを見据えていないと、途中で商品の流通が詰まってしまう恐れがあります。そのため、商品の在庫の状況や、売り上げ予測、材料の入手ルートなど市場の状況をあらかじめ調べておく必要があるのです。

3. 消費者の意識と提供する商品がマッチしているかどうか

 販売をするときには、消費者が欲しいものを提供するといったことが商売の基本です。ですが、自社の販売する商品のイメージや場所、店舗の大きさなどそれらに合致するような商品や品数を提供できていないと、消費者と売り手の意識がマッチせず、商品販売にも影響が出てしまいます。

 そのため、マーケティングをする際には、自社がどのようなものをどのような場所で、どのようなものを売ればよいのかを徹底的に注意する必要であります。

4. まとめ

「頻繁に売れるもの」「利幅が大きい物」それを売ることで他の製品も同時に売れるものなど、製品と小売店、そして消費者まで、ひとつひとつがフィットすることが重要であるため、マーケティングには事前にこれらのことを調査しておく必要があるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する