1. 安易な絞り込みはNG!年齢層を絞ってマーケティングを行う際の注意点

安易な絞り込みはNG!年齢層を絞ってマーケティングを行う際の注意点

by Untitled blue
 どのような製品やサービスのマーケティングであれ、「市場をセグメンテーションしてターゲットを絞り込む」という作業は避けて通れません。そして、ターゲットを絞り込む際の代表的な例が、年齢層のセグメンテーションです。では年齢層を分けてターゲットを絞り込む時に気をつけなければいけないことは、どのようなことでしょうか。

1. すでにある製品についてマーケティングをする場合

 この場合に必要なことは「すでにある商品やサービスの特性を理解する」ことです。その製品やサービスの強みと弱み、他社製品との違い、消費者がどのようなシーンでどのような使い方をしているかなどを改めて明確にするのです。製品やサービスの「特性」を突き詰め、ぼやけている輪郭をはっきりさせることで、対象となる年齢層は見えくるはずです。

2. 新製品のターゲットについてマーケティングする場合

 この場合に必要な事は、ターゲットとなる年齢層の「特性」を知ることです。近年においては、この各年齢層の「特性」を知ることは、非常に難しくなっていますが、例えば、若者は安心を求め、高齢者は変化を求めるといったような特徴はあります。それらを、しっかり見極め新製品やサービスの質を向上させていきましょう。

 以上が、マーケティングで年齢層を分けてターゲットを絞るときに必要な事です。年齢層を絞る場合は、常にその年齢層の意識や行動は変化しているということを認識し、柔軟な展開ができるように準備してから絞り込みを行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する