1. 消費者への訴求ポイントを見極める!マーケティングにおいてベネフィットを最大化するための手法

消費者への訴求ポイントを見極める!マーケティングにおいてベネフィットを最大化するための手法

by MikeBehnken
 自社のベネフィットを最大化することで、消費者のベネフィットを高めることが出来れば、マーケティングを担当する上で理想的な成果と言えるでしょう。しかしそれは、「わかっているけど企業には様々な制約があり実行に移すのは難しい」ことです。実行に移すためにはどうすればよいのでしょうか。

1. ベネフィットとメリット、アドバンテージを分類し可視化する

 まず必要なことは、ベネフィット、メリット、アドバンテージを分類することです。ベネフィットとは、その製品が提供する本質的な便益を指し、メリットとは、直接的な利益、アドバンテージとは、他の製品と比較した優位性です。 

 自社製品やサービスについて、これらをまず掘り下げ、分類して可視化することが必要です。 これは、ベネフィットとメリットとアドバンテージが明確になっていないと、消費者への訴求ポイントにブレが出てしまうからです。

2. 消費者への訴求ポイントを見極める

 次に、自社のベネフィットを最大限に高め、消費者のベネフィットを高めるために最も効果的な訴求ポイントを決定します。

 例えばテレビであれば、「普通に生活していてはわからない情報を知る」ことがベネフィットです。「テレビをつければ、何もしなくても情報が流れてくる」ことがメリットです。「他社よりも薄く、高画質で消費電力が少ない」ことがアドバンテージです。そしてベネフィットを訴求するマーケティングを考えると、競合相手は例えばパソコンやスマホ、新聞や雑誌、ラジオなどの、情報媒体ということになります。

 競合の相手は、テレビだけではないのです。よって、いくらメリットやアドバンテージを訴求しても、そもそもテレビが他の情報媒体に負けていれば、消費者はテレビに振り向かないということになります。 

 よってこの場合は、「テレビが他の情報媒体に比べていかに優れているか」をマーケティングによって消費者に伝えることが、最も自社のベネフィットを高める効果的な方法となります。

3. まとめ

 マーケティングにおいてベネフィットを最大化するための手法において大切な事は、ベネフィットとメリット、アドバンテージの3つをしっかりと分類し、注力すべきポイントを見極める事です。その事をしっかりと理解し、会社の利益になるように貢献していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する