1. 具体性とキャッチフレーズで賛同を勝ち取れ!熱意が伝わる企画書の3原則

具体性とキャッチフレーズで賛同を勝ち取れ!熱意が伝わる企画書の3原則

by snogglethorpe
 企画書であっても熱意を伝わるようにする工夫はないのでしょうか?書類上であっても、熱意を感じさせる手段はあります。ここでは読み手が思わず賛同してしまう、熱意が伝わる企画書のポイントを紹介します。

イメージさせる

 企画が実現した時の、理想的な状態を読み手にイメージさせてください。イメージは非常に重要です。その企画の結果に賛同してもらえれば、きっと攀じてはあなたの企画書に賛同してくれるはずです。プレゼンテーションの資料に写真や動画を使ってできるだけ聞いている人にイメージを持ってもらいましょう。

明確な数字

 熱意を伝えるといっても、やはり必要なのは明確な数字です。きちんとした調査や他社との比較を用いて、根拠のある数字を提示することが重要になります。数字を使うことで結果がより具体的にイメージできるので、実は熱意が伝わりやすくなるのです。

一言で言うと?

 プレゼンテーションする相手は自分より年上の人か専門分野や違う人もいるでしょう。バックグラウンドが違う人に詳しい説明をしても理解してもらえないということもあるのです。その時に大切なのは「一言で言うと何なのか?」です。どんな人にでも企画の概要、結果がイメージできるようなキャッチフレーズを用意しましょう。また、このキャッチフレーズは企画書の初めと終わりに最低二回は使うとよいでしょう。

 実は、この3つの要素はスティーブ・ジョブズが意識していたことです。これらを大事にして、熱意が伝わる企画書を書いてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する