1. 「時間」と「社内」を大切に!マーケティングにおける企業が見落としやすいブランディングのポイント

「時間」と「社内」を大切に!マーケティングにおける企業が見落としやすいブランディングのポイント

by Luke,Ma
 「企業のブランディング」とは、企業をブランド化し、あらゆる面でその価値を高めることです。現在の社会では、いかにブランド力を高めるかということが重要になっています。では、企業のブランディングを行うときに意識しておきたいこととはどのようなことでしょうか。

ブランディングには「時間」が必要

 企業をブランディングしていくということを本質的に考えると、それはマーケティング部署だけではなく、様々な部署での取り組みが必要となります。企業のブランディングはあらゆる方面から継続した信頼をいただくということです。そして信頼関係を気づくには、時間がかかります。そのことを認識し、「一過性のブランディング」にならないよう注意が必要です。

インターナルマーケティングが信頼につながる

 ブランディングは、外部にだけ行えばいいわけではありません。重要なのは企業内部に対するインターナルマーケティングです。顧客満足度を高め、社会の信頼を得るためにはまず社員に対して意識づけや動機づけを行うのです。社員に共感を持ってもらうことで従業員と企業が一体になったブランディングを行うことができれば長期的な信頼はきっと達成されます。


 いかがでしょうか。企業のブランディングで見落としがちな観点である長期的な視野とインターナル・ブランディングについて紹介しました。これらを参考に長く信頼される企業イメージを獲得してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する