1. ベンチャー企業が成功するための鍵!マーケティング戦略に必要な「3つのキーワード」

ベンチャー企業が成功するための鍵!マーケティング戦略に必要な「3つのキーワード」

by Digo_Souza
 ベンチャー企業は、まだその存在や製品、サービスが完全に認められているわけではないため、マーケティング戦略が会社の今後を左右すると言っても過言ではありません。ベンチャー企業がマーケティング戦略を考える際に気をつけたいことは、どのようなことでしょうか。

スピード

 ベンチャー企業では差別化、集中化が行われ、ピンポイントで製品やサービスが開発されます。そして、その製品やサービスが画期的で新規性があり、市場ニーズを的確に捉えている場合、必ずと言っていいほど他の企業から追随されます。

 小回りのきかない大企業には決して真似できない製品やサービスだと思っていても、現在の過当競争社会では、あっという間に模倣され、価格戦略に巻き込まれることもあります。よって、ベンチャー企業のマーケティングに最も大切なのは「スピード」です。模倣される前に圧倒的なシェアと優位性を持ち、価格競争に巻き込まれないようにしなければなりません。ターゲットに対し、スピードを重視したマーケティングを行っていく必要があります。

自社製品を愛しすぎない

 ベンチャー企業ではまだ組織が肥大化しておらず、社内では一人何役もこなしている人が多いはずです。その場合、自社の製品やサービスに関わる頻度が高いため、非常に強い愛着を持つことになります。愛着を持ち、かつ商品を熟知しているだけに、たくさんのことをアピールしようと考えてしまいます。

 しかし、そのような過剰なアピールは、往々にして他社からするとわかりにくいものです。伝えるべきは「他社とはどこが違うのか」「最も消費者に訴えたいことは何か」です。第三者の紫檀から可能な限り「わかりやすいマーケティング」を心がけることが大切です。

リーン・マーケティング

 ベンチャー企業は、成熟した企業とは異なり、経営リソースはごく限られたもののはずです。そしてマーケティングにかけられる資本にも、制限があります。よって、ベンチャー企業にとって最も効果的なマーケティングは、無駄をそぎ落とした「リーン・マーケティング」です。できることを、一極に集中して行います。


 ベンチャー企業は、他社にはない強みがあるはずです。それを明確にし、スピード感を持ったマーケティングを行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する