1. 人目に触れるものを提供しよう!企業イメージがみるみる浸透するノベルティマーケティング

人目に触れるものを提供しよう!企業イメージがみるみる浸透するノベルティマーケティング

by Luke,Ma
 ノベルティマーケティングとは、企業が商品を売りたいときに、そのおまけとして販売促進するための景品を付ける方法です。この方法は利点も多いですが、気を付けるべきこともいくつかあります。そこで、今回はノベルティマーケティングをする時に注意すべきことを紹介します。

相手が欲しがる景品でないといけない

 ノベルティマーケティングで付ける景品は相手が欲しがるものでないといけません。使い道がないもの、デザインが悪いものをもらっても、かえって印象が悪くなってしまいます。そうならないためには、ターゲットがどのような人で、何を提供したらよいかをしっかり調べる必要があります。

景品を得てもらっても使用されない

 ノベルティマーケティングの最大の利点は、景品を継続的に利用してもらうことでノベルティから想起される会社のイメージが浸透することにあります。そのためには、ターゲットが欲しがる商品であるのと同時に、人目に触れる環境で利用できるものであることが望ましいです。多数の人に誰かがノベルティを使用している姿を見てもらう機会をつくる事により、多くの人に企業イメージを示せることになります。


 以上のことを気を付けてノベルティマーケティングを行えば、少ない費用でも大きな宣伝効果が期待できます。ターゲットが欲しがり、人目に触れる場所で使えるものをノベルティにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する