1. 年齢層はどうやって分けるのが効果的?マーケティング戦略不可欠な「ターゲット」を決める方法

年齢層はどうやって分けるのが効果的?マーケティング戦略不可欠な「ターゲット」を決める方法

by Dick Thomas Johnson
 マーケティングでは、差別化戦略の一環として、年齢層によって商品やサービスの形態を分けることがあります。どの年齢層で分けるかによって行わなければならないマーケティング戦略は大きく変わってきますので、注意して形態を分けていかなければなりません。今回はマーケティングでターゲットを決めるときの年齢層の分け方を紹介します。

10年スパンで分ける

 年齢を分けるときに、基本的に用いられるのが10年スパンでの区分です。10代、20代、30代のように分けるのが一般的で、各年代のおおよその行動の傾向を理解していれば、一番シンプルに判別可能です。

一定以上、以下の年齢で分ける

 次に、一定の年齢以上、以下かで分ける方法があります。例えば、60歳以上の高齢者や、20代以下の若者で分ける、というようにです。一定の基準を設けることで、収入や生活様式などを大雑把に判別することができます。

 例えば、20代以下の若者の例なら金銭的に収入がない、または少ないので、お金がかからなくても来てもらいやすいようなサービス展開や、親がお金を出してくれるような方法を考える、というようにです。

ある一定の商品になじみのある年代で分ける

 一定の商品についてなじみがあるかで年齢層を分けることもできます。子供の頃に遊んでいたゲームや流行っていた漫画やアニメ、ポケベルのような一時期流行った機器、一定の流行語を知っている世代などによる区分です。このような共通点で分けることで当時の思い出に浸れるような商品や、子供と親がともに楽しめるサービスを作ることが可能です。


 いかがでしょうか。以上がマーケティングにおける代表的な年齢層での分け方です。いずれにせよ、何を知りたいかによって区分することがターゲットを考えるときには大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する