1. 自分なりの工夫をすることが大切!仕事のマニュアルの「効率の良い覚え方」3つのポイント

自分なりの工夫をすることが大切!仕事のマニュアルの「効率の良い覚え方」3つのポイント

by Richard, enjoy my life!
 仕事でマニュアルが必要な場合、内容を頭に入れておかなければ一人前にはなれません。どのような仕事のマニュアルであっても、記載してある内容さえ覚えてしまえば正しく仕事ができるようになります。

 マニュアルを覚えることが最初の仕事になるため、内容を頭に入れない内はいつまでたっても見習いといえるでしょう。仕事のマニュアルは、職場によってはとても膨大になることもあります。そのような場合はどうやって覚えればよいのでしょうか。今回は、仕事でのマニュアルの覚え方を紹介します。

1. マニュアルの全体に目を通す

 マニュアルを覚えようと張り切る人の大半が、マニュアルの最初から目を通して順番に覚えていこうとします。その方法で覚えられる記憶力のある人ならば良いのですが、普通の人がその方法でマニュアルを覚えようとすると、内容がなかなか頭に入らず効率よく覚えることはできません。

 なぜ最初から読むと覚えられないのか、それはマニュアル全体の流れを理解していないからです。マニュアルというものは、必ずしも重要な内容が先頭に記載されているわけではありません。仕事の流れに沿って記載されているマニュアルもあれば、後からどんどん内容が追加されていったことで順番がバラバラのマニュアルもあります。マニュアルを入手したらまず最初に全体に目を通し、流れや構成を知ることが重要です。

 全体の構成を知ることでいち早く覚えるべき重要なポイントが理解できるようになり、優先度の高い項目から覚えていくことができるようになります。一つのことを覚えたら関連する項目を順を追って学んでいけば、関連する項目の流れでどんどん覚えていくことができるようになるでしょう。自分の知っていることに近い項目を覚えていくのが、効率よく学ぶための正しい覚え方です。

2. 分野ごとに学習する

 仕事のマニュアルは、関連する分野ごとに内容を分けて作成されています。飲食店のマニュアルであれば、接客・清掃・開店準備・レジ・トラブル対応など、仕事の内容に応じて必要な作業がまとめて書かれているでしょう。

 それぞれの分野のマニュアルを、実際に使用する場面を思い浮かべながら学んでいけば、より実践的な形でマニュアルの内容を理解することができるようになり、短い時間で詳しく覚えることができるようになります。また現場での実践力も高まるため、即戦力となるためには欠かせない覚え方です。

3. 意味を理解する

 なぜマニュアルでそのやり方が指定されているのか、内容の意味や理由が理解できれば自然とマニュアルが頭に入ってくるようになります。「肉の厚さは3.2センチ」とマニュアルで指定されている場合、単純に数字を覚えようとすると3.2センチだったのか3.4センチだったのか細かい数字が分からなくなってしまうかもしれません。

 3.2センチという数字には、その数字でなければならない理由があるはずです。マニュアルが作成された理由やマニュアルが存在する意味と記載内容を照らし合わしながら覚えていけば、一度覚えた内容を忘れることはなくなるでしょう。


 マニュアルの覚え方は人によって向き不向きがあり、どの方法がベストなのかは決められません。重要なのはマニュアルを覚えることではなく、マニュアルを正しく理解して仕事に役立てることです。覚え方を工夫しながらマニュアルを覚えれば、実際の仕事に役立てて質の高い仕事をすることが可能になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する