1. 意外と知らない「予想外」を防ぐコツ!仕事のスケジュールを計画的に実行する秘訣

意外と知らない「予想外」を防ぐコツ!仕事のスケジュールを計画的に実行する秘訣

by mersy
 仕事の計画を立てている人は多くいると思いますが、実際に計画通りに事が運んでいるという人はあまり多くないのではないでしょうか。計画はただ立てただけでは意味がありません。実行できるように調整して初めて価値を持つのです。ここでは計画通りに仕事を進めるためにやるべきことを紹介します。

余裕を持った計画を立てる

 まずは、計画に沿った作業日程を立ててみて、時間の流れをつかむことです。仕事の始まりと終わりまでの時間を確認してみましょう。この時注意すべきなのは、本当にこの計画通りに作業が行えるのか、ということです。

 毎日が万全のコンディションとは限らないし、他の人の影響で仕事ができない場合もあるかもしれません。そうした場合も見越して、スケジュールには少し余裕を持たせるとよいでしょう。

計画を周知徹底させるためにミーティングを行う

 計画を効率よく実行するために、仕事に携わる人たちに仕事内容を周知させます。ミーティングをすることで新たなアイディアや見落としが見つかるかもしれません。複数人で仕事をする場合は計画の共有の場は必須です。

シュミレーションを行う

 実際の仕事の模擬をします。大まかな仕事の進め方を確認し、無理や無駄がないか確かめます。計画だけでなく、シュミレーションを行うことで、危険因子や効率化のタネが発見できるかもしれません。実行のための大まかな時間や予算も分かってきます。


 いかがでしょうか。シミュレーションまで行うことは難しいかもしれませんが、計画の実行で大事なのは想定外の事態を少しでも減らすことです。ここで紹介した方法を行えば、計画の成功率は確実に上がるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する