1. 締め切りは最優先に考える!仕事の「重要性」を加味して計画をたてる際のポイント

締め切りは最優先に考える!仕事の「重要性」を加味して計画をたてる際のポイント

by Roberto_Ventre
 仕事の計画を立てるときに重要なことが、仕事の重要性を加味して計画を立てることです。仕事の計画というものは、ただ立てればよいというものではありません。重要性を加味せずに計画を立ててしまうと、さほど重要でない仕事を優先的に仕上げたばかりに重要な仕事を仕上げられなくなってしまう可能性があります。

 重要性の高い仕事にはきちんと配慮して計画を立てなければ、仕事の効率を改善することは不可能です。今回は、仕事の重要性を加味して計画をたてる際のポイントについて解説します。

1. 締め切りは最優先に考える

 重要度を加味するのは大切なポイントですが、重要度が低い仕事だからといっていい加減に対処してはいけません。一人前の社会人として、仕事の締め切りを守るのは最優先に考えなければいけない要素です。

 重要度が低い仕事であっても、必ず締め切りを守れるような計画を立てなければ、仕事の計画としては失格です。まずはそれぞれの仕事ごとの締切日を確認し、締め切りまでに完成するように仕事の計画を立てるのが基本になります。

 仕事の重要性を加味して計画をたてるということは全ての仕事をきちんと仕上げることであり、優先順位の低い仕事をいい加減にすることではありません。全体の計画の中ですべての仕事の要素をしっかりと取り入れておきましょう。

2. 先にするか後にするか

 重要度の高い仕事を計画の中で先にするか後にするかは、とても重要な問題です。一般的には重要度の高いほど計画の中で優先的に扱ったほうが良いといわれており、なるべく先に重要度の高い仕事に取りかかったほうが良いと言われています。

 重要度の高い仕事を先にこなすようにすれば、締め切りまでに余裕が生まれ、じっくりと仕事と向き合うことが可能になります。確実に仕上げられる可能性も上がり、仕事の質も高い水準に達するでしょう。

 しかし、重要度の高い仕事を先にこなすように計画を立ててしまうと、重要度の高い仕事に熱を入れ過ぎてしまった場合、スケジュールが後になればなるほど押してしまうことになります。その他の仕事のスケジュールは圧迫され、きちんとした品質の仕事ができなくなってしまうかもしれません。

 重要度の高い仕事を最後にこなすように計画を立てると、一刻も早く重要度の高い仕事に取りかからなければ、という思いが生まれ、その他の仕事をこなすスピードがアップします。締め切りが迫っているときよりも、質的には高い水準を維持することができるため、あえて計画の後ろに重要度の高い仕事を持ってくることで、そのほかの仕事の効率を上げることができるのです。

 ただし、重要度の高い仕事が非常に困難なものだった場合は、結果的に時間が足りなくなってしまう恐れがあります。どちらの方法が良いかは、仕事の内容やスケジュールの都合によって変わります。仕事をする人の性格によっても向き不向きがあるので、自分ならばどちらのやり方が合っているのかをよく考えてみてから決めてください。


 仕事の重要性を加味して計画をたてるのは、仕事の効率を最適化課するための作業でもあります。仕事の内容や締め切りを考慮して、最高の計画を立ててください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する