1. ポイントは「意見の具現化」!アイデアが生まれやすい企画会議には共通点があった

ポイントは「意見の具現化」!アイデアが生まれやすい企画会議には共通点があった

by epSos.de
 企画会議は発想力やアイデア力が問われる場です。とはいえ会議にムダはつきものです。少しでもいいアイデアが短時間で生まれやすい会議にするにはどうすればいいのでしょうか。今回はアイデアが生まれやすい企画会議の共通点において大切なポイントを紹介します。

時間管理を徹底する

 企画会議では、必ず時間管理を徹底させましょう。制約がある方が集中力がアップし好循環が生まれます。時間管理は口頭だけではなく、ストップウォッチを使うなど、わかりやすい形にするのがおすすめです。時間があると余計なことを考えがちになり、きらりと光るアイディアは出にくいです。時間をしっかり守って効率の良い会議を行いましょう。

ホワイトボードにテーマと課題を書きだす

 企画会議は企画そのものだけでなく、関係者との調整、効果の検討などいろいろなことを考えなければなりません。それゆえに、その時の会議の目的から話題がそれてしまいがちです。そうならないために、まずホワイトボードに今回の会議のテーマ、現時点での課題を書いておきましょう。可視化させることで論点がずれるのを防ぎます。

まず全員が声を出す

 企画会議は、発想力が重要です。そこで、参加者それぞれの発想力が十分発揮できるように環境を整備しなければなりません。参加者の過剰な緊張感や遠慮は足手まといになります。

 それを打破するポイントは、話をしてもらうことです。一度声を出せば、話す前よりも緊張は和らぐことでしょう。できるだけ多くの意見を引きだすために、まず会議の初めに全員で声を出すようにしてください。この場で話しても大丈夫なのだと、参加者に感じてもらうことが重要です。


 いかがでしょうか。発想力が重視される企画会議ならではのやり方のポイントをお伝えしました。会議の参加者の発想力を阻害しないような仕掛けを施すことで、出される意見もより有意義なものになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する