1. 「環境づくり」が最も大切!ブレインストーミングの正しい進め方と注意点

「環境づくり」が最も大切!ブレインストーミングの正しい進め方と注意点

by Luke,Ma
 新しいアイデアを大量に生み出すことを可能にする方法がブレインストーミングと呼ばれる方法です。ブレインストーミングを導入することで会議は活発なものになり、参加者同士の発言と意見交換の中から新しいアイデアを、いくつも生み出すことができます。

 新しいアイデアを大量に生み出すブレインストーミングを実践する際、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。今回は、新しいアイデアを大量に生み出すことが出来るブレインストーミングの進め方を紹介します。

1. 参加者の質にこだわらない

 ブレインストーミングの優れている点は、進め方さえ押さえておけば参加者の質にかかわらず優れたアイデアを生み出すことができる点にあります。ブレインストーミングの参加者に求められるのは質の高い提案ではなく、柔軟な提案です。常識にとらわれない柔軟な発想を歓迎しなければ、ブレインストーミングで新しいアイデアを大量に生み出すことは不可能でしょう。

 事情に通じた人物が提案したアイデアよりも、知識の少ない参加者が提案した常識外れのアイデアの方がブレインストーミングに大きく貢献する事もあります。参加者の立場や経験をそろえる事よりも、柔軟な発想ができる人物を参加者に選んだ方が、斬新なアイデアを生み出すチャンスは増えることになるでしょう。

2. どんなアイデアも咎めない

 ブレインストーミングを進めていく中で、的外れな意見やおかしな意見が出ることもあります。そんな時に参加者が発言を非難するような行動をとってしまうと、発言者だけでなく他の参加者も委縮してしまい、自由な発想で発言することができなくなってしまうでしょう。

 発言の体裁を整えようとする意識は、ブレインストーミングを阻害する大きな要因です。粗削りなアイデアを自由に発言する環境が作れなければ、ブレインストーミングを成功させることはできません。どのような内容の発言であっても途中で遮ったりせず、発言内容を批判しないことがブレインストーミングの正しい進め方です。

3. 出されたアイデアを検討する

 ブレインストーミングの優れた点は、提案されたアイデアを参加者全員で検討できることです。一人では思いつかなかったような活用法や、全く新しい視点からの捉え方を見つけ出すことができるため、埋もれがちなアイデアをフルに活かして新しいアイデアを生み出すことができるようになるでしょう。

 一つのアイデアから連鎖的に他のアイデアにつなげていくことで、アイデアを一つの場所にとどめず広がりを持ったものとして捉えることが可能になります。アイデアの広がりは質と量の両方を高める結果を生み、新しいアイデアを大量に生み出すことができるでしょう。

 

 ブレインストーミングは進め方を間違えてしまうと参加者の活気が失われてしまい、アイデアを生み出すことに失敗してしまいます。重要なのは参加者が活発に発言できる環境づくりと、出されたアイデアを磨き上げることです。この2点を意識しながらブレインストーミングを進めていけば、必ず新しいアイデアを大量に生み出すことが出来るでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する