1. 考え方一つでピンチはチャンスになる!プレッシャーを感じたときの解消法

考え方一つでピンチはチャンスになる!プレッシャーを感じたときの解消法

by Helga Weber
 ビジネスマンにとって仕事でプレッシャーを感じる場面は多々あると思います。プレッシャーを解消せずにいると、ストレスによりうつ病を発症したり、体調を崩したりすることもあります。そうならないためにも今回は仕事でプレッシャーを感じてしまったときの考え方を紹介します。

「失敗してもしょうがない」と考える

 プレッシャーは、脳が失敗を恐れる事で分泌するアドレナリンが原因で起きる現象です。完璧主義で責任感が強い人ほど、失敗を恐れるあまり仕事でのプレッシャーを強く感じてしまいます。

 これをなくすためには失敗を恐れない気持ちを持つことです。努力した結果として失敗しても、それが自分の持っている今の実力です。失敗してもしょうがないと思い込むぐらいがちょうど良いのではないでしょうか。プレッシャーを感じるあまりに、自分の持っている普段の実力が発揮できなければ元も子もありません。プレッシャーを感じたら「まあ失敗してもしょうがないかな」と重く受け止めないようにしましょう。

困難をポジティブにとらえる

 大リーグで大活躍しているイチロー選手は「壁というのは、超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている」という言葉を残しています。

 イチロー選手は壁というプレッシャーをチャンスと捉え、ポジティブに考えることで壁を乗り越え、大リーグで活躍する一流の野球選手になりました。仕事でのプレッシャーをネガティブに捉えていると、いつまでもプレッシャーを解消できず、自分にとってデメリットしか発生しません。「こんな重要な仕事を任せられるほど自分は成長したんだ」とポジティブに捉えれば自信も出てくるし、今の状況は実はチャンスじゃないのか?と思うこともできます。


 いかがでしょうか。プレッシャーは心の持ちよう一つで解消できます。緊張を感じたときにはぜひ以上のような考え方をしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する