1. 他人の尊重が素晴らしいアイディアにつながる!ブレインストーミングに参加するときの注意点

他人の尊重が素晴らしいアイディアにつながる!ブレインストーミングに参加するときの注意点

by archer10 (Dennis)
 良いアイデアを生み出すための会議方式のひとつですが、これは通常の会議とは何が違うのでしょうか。もしも自分がブレインストーミングに参加するとしたら、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

とにかく思いついたことをすぐいう

 ブレインストーミングでは、参加者それぞれが自分独自の意見を出すことが求められます。それ自体は通常の会議と変わりませんが、他者から出た意見に刺激を受けて、更にアイデアを生み出すことがブレインストーミングの目的です。会議であれば最終的には会社としての方針や細かな議題を決定するために互いに意見を出し合わなければなりませんが、ブレインストーミングはより多くのアイデアを出し合うことが目的なので質よりも量を求められます。議題にそったアイディアなら、躊躇せずにどんどん話していきましょう。

アイデアを否定しない

 もちろんそれぞれに自由奔放にアイデアを出し合うわけですから、実現不可能なものももあるでしょう。ですがブレインストーミングでは相手を否定してはいけません。それぞれが心に浮かんだことを思い思いに話せるという安心感が固定概念にとらわれない自由なアイデアを生み出します。また、一見価値が内容なく見えるアイデアも他のアイデアと繋ぎ合わさることで大きな発展を生むかもしれません。そのためにもブレインストーミングでは相手のアイデアを否定してはいけないのです。


 会社内だとなかなか思うことを言いづらいと思う人もいるかもしれませんが、それを引き出すのがブレインストーミングの狙いです。すぐに結論を出そうとせずに、いろいろなアイディアに触れる機会だと思って臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する