1. 【基礎中の基礎!】競合に勝つ「マーケティング戦略」に必要な考え方

【基礎中の基礎!】競合に勝つ「マーケティング戦略」に必要な考え方

by scarletgreen
 マーケティングは企業や非営利組織が行う活動のうち、顧客が求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動のことです。端的に言えばお客の求めるものを作り、売上の道筋を考え、つくることでしょう。その売上はどのように作っていけばいいのでしょうか。

マーケティング戦略は「誰に」「何を」「どのように」を考える

 マーケティング戦略の基本的な考え方で大切なのは顧客目線です。その中でもどのような人に、どのような価値をどのような方法で届けるのかが大切です。この「誰に」はマーケティング用語では「セグメンテーション」「ターゲティング」、「価値」は「ベネフィット」、「どのような方法で」は「差別化」や「4P(製品、価格、販路、販促)」と呼ばれます。

市場を細分化し、自社ならではの強みを考える

 では、マーケティング戦略の考え方をもう少し細かく見ていきます。まずは市場を細分化し、どのような人を相手にするのかを決めます。ターゲットが決まったら提供する商品が彼らに与える価値はどのようなものかを考えます。それが決まったら、同業他社に比べてどのような強みがあるのか考えます。これが差別化戦略です。


 以上がマーケティング戦略の考え方の基本的な流れです。これらの各部分を上手く実現するにはどうすればいいのかを考えるのがマーケティングなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する