1. 企画書のページ数は評価に影響する?企画書とページ数の関係

企画書のページ数は評価に影響する?企画書とページ数の関係

by Takashi(aes256)
 企画書を作成する時に意識したい一つの項目として「ページ数」があります。採用される企画書を作るためにページ数は意識すべきなのでしょうか。

目安は5~10ページ

 もちろん企画の規模にもよりますが、社内の企画書なら5~10ページが平均的だと思ってください。というのも、飽きさせずに読めるのページ数というのが大体5~10ページだからです。しかし、もちろん内容が多ければページ数が多くても読み手は空きません。読み手が苦痛に思わないページ数が適切なページ数だと思ってください。

一枚に情報を詰めすぎない

 なので、企画書に大切なのはページ数というより飽きさせないための工夫ということになります。その場合、内容はもちろんですが企画書の見た目も大事になります。改行もなく文字ばかりの企画書より、きちんと章が分けられているものの方が見やすいでしょう。また、文字で説明するよりも図形やイラストを使った方が視覚的に伝わりやすくなる場合もあります。企画書のページ数を気にするのではなく、伝わりやすくする工夫を考えましょう。


 ページ数が多すぎる企画書は読む意欲をそぎますが、ページ数が多いことが不採用の原因になることは少ないでしょう。見やすく内容がある企画書ならページ数はあまり気にしなくてもよいのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する