1. 仕事に対する集中力を高めてスピードアップを促進するための方法

仕事に対する集中力を高めてスピードアップを促進するための方法

by photoantenna
 仕事は、どうやれば効率良く進めることができるでしょうか。考えてみると緻密さ、正確さ、人とのコミュニケーション、要領の良さなど色々と思い浮かびますが、やはり何よりも一番は集中力が必要なのではないでしょうか。今回は仕事をする上で知っておきたい「集中力」と「スピード」の関係性についてみていきましょう。

適度に休憩を取り入れる

 いくら長い時間かけていても、良い仕事が出来ているわけではありません。長々と残業をしていても、短時間にぱぱっとすませても同じ仕事量という場合もあるのです。

 人間の集中力の限界は平均1.5時間だと言われています。学校などでも休憩を取りながら授業をするように、仕事も適度に休憩を取りながら、集中するときはグッと意識をそこに集中してスピードを上げるような努力が必要です。

目標を定める

 ダラダラと仕事をしていても、効率が悪いばかりで効率は良くありません。まずは、目標をしっかりと決めましょう。何時までにこれを終わらせる、今日中にこれを片付けてしまうなどきっちりと目標を立て、Todoリストなどに見えるように書いておきます。

 そうすると脳が自分で決めた目標を実行してくれるのです。ダラダラと取り留めもなくさまざまな仕事をするよりも、いつまでにこれと決めて一直線に集中力を発揮して終わらせてしまいましょう。

雑念を捨てる

 仕事を長時間していると、つい雑念が頭をかすめることがあります。今日の夕飯何かな、雨まだ降ってるかな、他のフロアのみんなはまだ仕事やってるのかななどを考えだしてしまったら止まらなくなってしまいます。特に残業などをしているときには、疲れていることもあって集中力が続きにくいものです。

 できるだけこのような雑念は捨てるように努力して、頭から振り払ってください。どうしても集中力が続かなくなったら適度に休憩を入れて飲み物を飲んだり、ガムをかんでみたり、または音楽が聴ける職場ならばイヤホンを使って集中力アップや能力アップできるタイプの音楽を聴くのもよいでしょう。適度に気分転換をするようにして下さい。

 いかがでしょうか。仕事の質は時間とイコールではありません。いかに効率よく、スピードアップして物事に取り組めるか、それによって変わってきます。できるだけ集中状態をキープできるように工夫することが大切なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する