1. 本当に儲かるの?低価格設定でヒット商品を生み出すことのメリット

本当に儲かるの?低価格設定でヒット商品を生み出すことのメリット

by Vancent Photo
 企業はなぜ低価格帯でのヒット商品を狙うのか。そのメリットとは何なのでしょうか。いくらヒットする商品だからとは言っても利益が生まれないのでは意味がありません。ここでは、値段を低く設定することでヒット商品を生み出すことのメリットについて述べてゆきます。

単価100円のコーヒー

 某企業のコーヒーは、セルフサービスで単価100円です。そのクオリティはカフェで飲めるくらいです。コーヒー1杯で100円というのは破格です。一見利益が出ないようにも思われますが、多くの顧客から人気を集めそれに加えセルフ方式を採って人件費を削減することで低価格でも利益が出ています。

 またコーヒーとパンやお菓子をセットで購入してもらう事を狙いとしています。コーヒーに合う商品との相乗効果も期待出来るということです。

 商品が低価格という要因とみんなが買っているなら買ってみようという動機が人を引き寄せます。

スーパーの独自商品

 セブンプレミアムやトップバリュ等のスーパーの独自商品は低価格で購入できます。特にペットボトルのお茶やジュースは100円以下で購入できます。顧客の様々なニーズに答える形で低価格のヒット商品は生まれてきます。

 企業は低価格で消費者を呼び寄せ、口コミが話題となり、目にした人は「この価格ならだめでもいいから買ってみよう」と思い購入をします。そして本当にいいものだとお試し感覚で購入した顧客がリピーターとなってくれるでしょう。

 低価格であるというだけでは最初の顧客確保で顧客の足が途絶えてしまうため、低価格で尚かつ良質である必要があります。しかしそれでも、低価格という事で幅広い世代が手を出しやすくなっている事が一番の勝因でしょう。

 
 上記を参考に、次々出てくる低価格のヒット商品に負けないよう様々な戦略を練ってゆきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する