1. ゴールとやり方を示すことで納得感が増す!企画書の良いまとめ方

ゴールとやり方を示すことで納得感が増す!企画書の良いまとめ方

by Kumaravel
 企画書を作るときは、相手を納得させることがゴールや目的におかれることが多いと思います。しっかりとしたまとめ方をすることで、企画書として、相手が納得してくれるようなものができるでしょう。ここでは、企画書で相手を納得させるためのまとめ方を紹介していきたいと思います。

企画の目的とゴールを示す

 企画書で大切なのは、その企画をすることで、どのような効果が得られるのかということです。そのため、企画書のまとめ方としては、企画をやることの目的をゴールを示すことが重要になるでしょう。目的とゴールが示されているまとめであれば、もう一度企画の主旨を確認することができ、相手の納得感も増すのではないでしょうか。

企画全体のやり方や手法を示す

 企画がどれだけいいものであっても、現実的に出来るのかどうかという部分は問題になる部分でしょう。そのため、企画書のまとめ方としては、企画のやり方や手法を端的に言い表しているようなものがいいでしょう。企画を現実的にやることが出来ると相手が思えるようなまとめを書くと効果的です。


 ここでは、企画書のまとめ方を紹介しました。しっかりとしたまとめを載せることで、相手の納得感も増し、企画の実現にも近づくことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する