1. 仕事ができなくて悩む必要は無い!自信を持って仕事に取り組むための思考法

仕事ができなくて悩む必要は無い!自信を持って仕事に取り組むための思考法

by michael.berlin
 仕事が効率よくできない人というのは、どこの部署にでも少なからずいるものです。仕事ができないという評価に至ってしまった原因は人ぞれぞれです。しかし、上司からそのような評価を受けたからといって悲観をすることはありません。

 その会社での評価というのは部署や課、あるいは会社によっても自分の評価は全く違うものになります。というのも、評価は上司が主観でしていることが多いからなのです。

マイナスの評価されても自信をなくす必要はない

 転職をする人の中で、上司との折り合いが悪いからと転職する人もいます。会社での居心地の良さや働きやすさというのは、自分がその職場で認めてもらえるかどうかによるところが大きいです。

 上司の考え方や価値観は、それぞれ人が色々な環境で育ったのと同じように違いがあります。そのため、自分が今の職場で評価されていなくても、仕事に対して自信をなくして自分は仕事のできない人間なのだと思い込むようなことはやめるべきなのです。

仕事を通じて自分が何をしたいのかを考えてみる

 仕事を通じて、自分が本当に手に入れたいものが何かを冷静に考えて見ましょう。周囲から優秀な社員だと見てもらいたいのか、それとも自分自身のスキルを磨いて本当の意味での優秀なビジネスマンになりたいのでしょうか。

 これによって、どういった点で努力したらいいのかが変わってきます。人への評価などは、環境や上司によって180度変わってしまうものなのです。現代の日本において、一つの限られて会社という空間の中での評価などは一時のものでしかありません。

 今は優秀だと判断されていても、突然の会社の倒産などで別の会社への転職になれば評価はゼロから積み上げなければならないのです。この時代を生き抜くには、日々自分のスキルには何が足らないのかを考え、努力しなければ生き残ることはできません。そのためにも、評価されないとくよくよ悩んでいる時間があったらスキル磨きに時間を費やす必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する