1. わからない時は自分の言葉で質問を!曖昧な仕事の指示を受けたときの対処法

わからない時は自分の言葉で質問を!曖昧な仕事の指示を受けたときの対処法

by VFS Digital Design
 仕事の指示を受ける時に、内容が曖昧なため、何をしていいのかがわからず困ったという経験をした人も多いのではないでしょうか。ここでは、そのような曖昧な指示を仕事で受けてしまったときの対処法を紹介していきたいと思います。

自分の言葉に置き換えて質問する

 上司の指示と自分の解釈した内容がずれていると、仕事の内容としてもズレが生じてしまいます。自分の言葉に指示を置き換えて、上司に質問内容を質問してみるといいでしょう。「この仕事はこういうことですか?」というように聞けば、間違っている場合は、上司も指摘してくれて、お互いに理解しやすい状態を作り出すことができるでしょう。

上司以外に質問してみる

 忙しそうにしている時など、上司に直接質問しにくい場合もあるでしょう。そうした時は、上司以外の人の力を借りてみるのもいいのではないでしょうか。こういう理解をしていると互いに確認することで、認識のズレを確認することができ、仕事としてこなすべき内容もはっきりとします。


 ここでは、上司の仕事の指示が曖昧だったときの対処法を紹介しました。自分で一度解釈してみて、合っているのかどうかを上司や、同僚と確認することで、仕事を進めていきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する