1. 明確に仕事内容を伝えよう!部下に口頭で指示を与えるときに注意したいこと

明確に仕事内容を伝えよう!部下に口頭で指示を与えるときに注意したいこと

by mugley
 部下に仕事を指示するような立場に立つ人は、仕事の伝え方の部分で苦労することも多いでしょう。しっかりと的確に伝えることで、部下も仕事を確実に行ってくれるのではないでしょうか。ここでは、部下に口頭で指示を伝えるときに注意したいことを紹介していきたいと思います。

やるべきことをはっきりとさせる

 指示をするときに重要なのは、実際にどのような仕事をするべきなのかをはっきりとさせることです。指示の内容が冗長になると、それだけ、何をすべきなのかは伝わりにくくなります。話のまとめとして、部下がアクションすべき内容は結局何なのかを示してあげるようにしましょう。

繰り返し指示を伝え続ける

 口頭で説明する場合は、なかなか一回では指示内容全体を把握することは難しくなります。そのため、指示を口頭でする場合は、何度か指示を出し続けることが重要になるでしょう。一回指示した内容でも、繰り返し伝えることで部下もやるべきことを理科木してくれるのではないでしょうか。


 ここでは、仕事の指示を部下に口頭でするときにすべきことを紹介しました。口頭で伝える場合は、やるべきことをはっきりとさせて、何回も説明するようにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する