1. コツは「5W3H」を押さえておく!新入社員が仕事を覚えるためのメモの取り方

コツは「5W3H」を押さえておく!新入社員が仕事を覚えるためのメモの取り方

by Jocey K
 新入社員の人は、そろそろ研修も終わり、配属先で仕事をすることでしょう。その際、大切のなるのが「メモ」です。配属先で仕事をするとなると、様々な新しいことを覚えなければなりません。しっかりメモを持っておけば、スムーズに仕事を覚えていけるでしょう。ここでは、新入社員が知っておくべき仕事に関するメモの取り方のコツを紹介します。

5W3Hを押さえて、メモをとる

 メモを取るときに意識してほしいのが、5W3Hです。基本的なものを見ていきましょう。

What:何を(物事をするときの目的や目標など)
When:いつ(仕事の期限・会社や社外の人との約束の時間・会議の時間など)
Where:どこで(会議の場所や集合場所など)、どこへ(行先など)
Who:誰が(社内の人・社外の人など)、誰と(相手・その仕事の担当など)
Why:なぜ(理由)
How:どのように(方法・手段)
How Much:いくら(費用)
How Many:いくつ(何個かなどの数量)

 これらは会社によっては、特殊なものがあって微妙に違うようなことも時々ありますが、基本はこれだけの項目を聞き逃さないようにメモしておけば大丈夫でしょう。仕事をスムーズに進めるために、これらの事項をメモすることはシンプルなことではありますが、とても大切なことです。

後で見た時にわかりやすくする

 いくらきっちりメモを取っていたとしても、後で見た時に分からなければ意味がありませんので、丁寧なわかりやすい文字で書くことを心がけましょう。また、余白を入れたり箇条書きにすることによって、内容がまとまるため読みやすくなります。

 もしカラーペンや三色、四色と沢山の色がついたボールペンを持っている人は、項目によってペンの色を変えておくと見やすくなります。


 以上、新入社員が仕事い関するメモの取り方のコツを紹介してきました。1日でも早く仕事を覚えるためにも「メモ」は必須。1年目の間は必ずメモを所持して、仕事をするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する