1. 仕事の効率化!良い職場環境を築くために必要なコミュニケーション術

仕事の効率化!良い職場環境を築くために必要なコミュニケーション術

by Grand Parc - Bordeaux, France
 会社や企業に勤めて社会人として働くには、他者とのコミュニケーションは欠かせません。しかし中には、コミュニケーションをとる事自体に気を取られてしまい、仕事に悪影響を及ぼしてしまう例もよく耳にします。

 仕事中のコミュニケーションは、効率よく働くためには必要最低限にしておいた方が良い場合も多くあります。そのため、仕事の効率を上げるためのコミュニケーション技術を身につける様に努力しましょう。

私語の区別を付ける

 コミュニケーションを誤って解釈している人も多くいますが、コミュニケーションとはなんとなく会話を交わしたり、一緒に時間を過ごす事ではありません。特に仕事中の場合、会話を交わす事が直接仕事の効率悪化につながる場合も多々あるものです。

 仕事中のコミュニケーションとは意志の疎通を目的としているので、私語は極力控えておかないと、仕事に関係のない話すで盛り上がりどんどん効率が落ちていきます。仕事で必要な会話と私語との区別をしっかりと付けましょう。

意志表示をしっかりする

 コミュニケーションの基本は、相手の感情を理解する、または相手の感情に配慮するということです。例えば、部下から話かけられた上司が机に向かって自分の仕事を熱心に行いながら、話しかけている部下の方に全く視線を移さないで会話を図っているという場合を考えます。この場合、話しかけている部下からすると、上司が自分の言いたい事をきちんと把握しているのか不安になる事でしょう。

 会話の基本は、相手の目を見る事です。凝視ほどはしなくて良いのですが、相手と視線を合わせるという事は「あなたの言いたい事を解りたい」という聞き手側の意志の表れでもあるのです。そのため、たとえ忙しくても、話しかけてくれている人に対して顔を上げるのは、仕事効率を上げる上でのコミュニケーションの最低限の礼儀と言えます。

良い事に注目する

 人間誰しも、必ずミスを犯したりどこかしらに欠点はあるものです。特に仕事上の付き合いの場合、自分に被害が被ってくるような社員が同僚に居ると、最初は我慢出来ていてもその内にキツく当たる様になってしまうかもしれません。

 この場合、仕事効率を図るためのコミュニケーションとしてはデメリットでしかありません。こういう場合は、相手の欠点ではなくて良い点に注目するすること、もしくは注目するような意識を持つようにしましょう。

 こちら側が嫌味な事を言ったりきつい事を言わなければ、相手もそれなりに対応してくれるものです。少し時間がかかるかもしれませんが、厳しい事をあまり言わずに相手の褒める事を探して実際に褒める様にしましょう。精神的な事は、仕事の効率を図る上でとても重要な要素です。あなたと接していると気持ちが良いと同僚が言ってくれるようになり、それが職場全体に広がれば良い職場環境になることでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する