1. 飲食店経営の戦略にマーケティング的視点を取り入れることの重要性とその方法

飲食店経営の戦略にマーケティング的視点を取り入れることの重要性とその方法

by Grand Parc - Bordeaux, France
 BtoCモデルの一例である飲食店の経営にも、マーケティングは欠かせないものです。特に飲食店の経営には、接客や料理など直接的にアイディアを反映させることができる業態なので、積極的にマーケティングのノウハウを活用していきたいものです。

 ここでは飲食店の経営に関して、有効なマーケティング戦略にどのようなものがあるかを考えていきます。

セグメンテーションを活用する

 マーケティングの手法の中で代表的なセグメンテーションは、飲食店経営のマーケティングを考える時には重要になってきます。

 飲食店は、ターゲットにすべき客層を分類する必要に迫られるでしょう。なぜなら、それによって提供する商品やサービスも変わってくるからです。特に地域による差別化が顕著になることも多く、出店する地域によってメニューや料理を決めることが求められます。どのような人がその飲食店の場所やサービスを活用するかを分類し、ターゲットとなる客層を定めていくことが第一段階としてとても重要です。

客単価や客数を分析する

 飲食店では売上は「客単価」×「客数」で算出できます。日々のデータからどういった客がどれくらいの単価で、いつどれだけの客が来たかというのを分析し、どうすればこの客単価や新規顧客を増やせるのかと考えることも大切になってきます。

 飲食店ではこれらの数字を上げることが利益に繋がります。設定すべき目標はある程度明確なので積極的に検討しましょう。この時に、消極的な計算を行なうことは避けましょう。掲げた目標値を低く設定していると、長く続ける事業として行き詰まる時がやってくる可能性が高いからです。

口コミを利用する

 新規顧客を獲得することにもつながりますが、口コミマーケティングを駆使することも重要です。WEBサイトや口コミサイトを利用して、経営する飲食店の情報や口コミを増やして、新たな来店客につなげるということは、最も基本的なことですが最も効果的な戦略でもあります。

 インターネットが発達した現在では、出張や旅行の際にこの口コミを見て利用するお店を決める人も多くなっています。ただし、この口コミはやりすぎると逆の効果をもたらしてしまうこともわすれてはなりません。お客に自然発生的に増やしてもらう口コミがもっとも理想的です。そのために、提供する料理や接客態度が重要になってくるということは言うまでもありません。

 飲食店を経営する上で、マーケティング的な戦略を考えることは非常に大切になってきます。客数や客単価を数値化して目標設定していくことは基本ですが、口コミサイトなどのアプローチ方法を活用していくことも重要です。飲食店の経営にはさまざまなノウハウが蓄積されており、現状の分析と目標設定を明確にしてマーケティング的アプローチをしていけば、直接的に効果が感じられるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する