1. マーケティングって何?マーケティングの意味を簡単に説明するときのポイント

マーケティングって何?マーケティングの意味を簡単に説明するときのポイント

マーケティングって何?マーケティングの意味を簡単に説明するときのポイント 1番目の画像

 マーケティングという言葉自体は多くの人に浸透しているが、その意味を全員が明確に説明できるかというと甚だ疑問である。

 マーケティングとは、一体どのようなことを指しているのだろうか?

 これからマーケティングを学ぶ上で、それを簡単に説明するときに押さえておくべきポイントは何かを考えてみよう。

マーケティングの基本的な説明

 マーケティングを簡潔に説明すると、「企業や会社が自社の製品や商品及びサービスなどを売るための活動、売れる仕組みづくり」のこと。

 マーケティングの最終的な目的は、商品やサービスを効率的に売ることだ。

 上記の意味においては、営業職のビジネスパーソンたちが行う営業活動も立派なマーケティングだといえる。

 ただし、マーケティングと営業(セリング)は分離して考えなければいけないため、注意が必要だ。

「マーケティング」とは?

  • 企業や会社が自社の製品や商品及びサービスなどを売るための活動、及び、売れる仕組みづくり
  • マーケティングの最終目的は「商品やサービスを効率的に売る」ということ

「マーケティング」と「営業(セリング)」の違い

 先述したようにマーケティングと営業は、引き離して考える必要がある。

 単にモノを売りこむことである「セリング」とは、販売員や営業マンが商品を売るためのテクニックやスキルのこと

 セリングのテクニック自体は、個々の人間に帰属する。

 しかし、マーケティングは、市場と顧客を分析して何が売れるかを考え、商品やサービスを開発して顧客に売りこむ仕組みを作ることを指す。

 セリングのイメージは、在庫などをいかに売りさばくかということであるのに対して、マーケティングは売れるシステムを開発して売れる仕組みを作るという体系的な営みなのだ。

「マーケティング」と「セリング」の違い

  • 「セリング」:販売員や営業マンが商品を売るためのテクニックやスキル。属人的
  • 「マーケティング」:市場、顧客を分析して売れるものを考え、商品やサービスを開発して顧客に売り込む仕組みづくり。会社に帰属するもの

マーケティングは体系的なものとして捉える

 実は「マーケティングとは何か?」と問われたとき、簡単に説明できない理由は「体系的な営み」という点にある。

“現代マーケティングの祖”に学ぶ「マーケティング」

 「現代マーケティングの祖」といわれるマーケティングを体系的な学問として確立した人物、アメリカの経営学者フィリップ・コトラー。

 マーケティングとは、コトラーを知ることだといっても過言ではない。

 マーケティングを0から学ぶなら、コトラーの著書からアプローチするのがいいだろう。

 マーケティングの意味を実務的に捉えてしまうと、本質を見逃してしまいがちだが、何事もその核を知り体系的に理解をすることがとても重要だ。

 マーケティングの意味を簡単に説明するならば、上述したように「企業が製品や商品、サービスなどを売るための活動、売れる仕組みづくり」である。

 しかし、それだけでは語りきれないのがマーケティングであり、言葉が少なければ誤解が生じかねない。

 マーケティングとは、商品を開発するところから売りだす点まで一貫している体系的なものであるというポイントを押さえて、理解してもらいたい。


 マーケティングの意味を簡単に説明することは非常に難しい。

 もしもマーケティングの意味を一言で説明しなければいけないという場合は、「企業が製品や商品、サービスなどを売るための活動、売れる仕組みづくり」と説明しよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する