1. 仕事への「自信」がなかなか持てない人が読んでおくべき本3選

仕事への「自信」がなかなか持てない人が読んでおくべき本3選

by Hamed Saber
 仕事への自信が持てないと、毎日仕事をしていても本当にこれでいいのか、このままでいいのかと悩んでしまうでしょう。自信は成功の回数に深く関係しています。何度も失敗をすると最初は自信があった人でも、段々と自信を失ってくるもの。一度失ってしまった自信を回復させるのは難しいですし、簡単に仕事の自信はすぐにつくものではありません。しかし、考え方を少し変えるだけで心の持ちようが変わってきます。ここでは、仕事に自信が持てない人におすすめの本を紹介します。

1. 不安を自信に変える「逆転の発想術」

 仕事のストレスをはじめあらゆる社会の不安要素を、心理学のメンタリズムを使って打ち破ろうとする内容です。この本のレビューには読んだだけで、前向きになれたという読者もいるようです。この本を読むことで心が強くなり、不安も解消に向かい、感情のコントロールが出来るようになるでしょう。

2. NASAより宇宙に近い町工場

 田舎の小さな町で工場を営む著者が宇宙開発ロケットに情熱を注いだ一冊。気が滅入りそうになったときに読むと元気づけられる内容になっています。無理なことなど無いのだと思わせてくれ、もう少し頑張ってみようよと励ましてくれる良書です。

3. 負けを生かす技術

…負けや失敗は、実はそれほど怖いものではない。多くの人に、そのことに気づいてほしい。それだけで、もっと肩の力を抜いて生きられる気がする。そしてそれは結果的に、多くの人に、 勝ちや成功をもたらすことになると僕は思っている

出典: Amazon.co.jp: 負けを生かす技術: 為末 大: 本
 この本の冒頭部分を引用させてもらいました。たったこれを読んだだけでも、救われる気がしてきます。負けた経験こそが、勝ちへとつながるのです。自信がなく失敗を恐れて毎日過ごしている人は、この本を読む事で負けを恐れず前向きに進むヒントになるのではないでしょうか。


 最初は誰でも自信はありません。慣れないうちはとにかく一生懸命立ち向かっていくしかないこともあります。ただ、少し疲れてきたな、最近自信が無くなっているなと思ったとき、これらの本を手に取ってみて下さい。自信が持てず不安だった心が、少しづつ軽くなってくるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する