1. アイデアを実現へと昇華させる!マーケティング戦略を策定する上で「財務」の知識を持っておく必要性

アイデアを実現へと昇華させる!マーケティング戦略を策定する上で「財務」の知識を持っておく必要性

by DaveFayram
 理想的なマーケティング戦略を策定するためには、財務の知識が欠かせません。専門的に深い知識はいらなくても、必要最低限の財務の知識を身につけたうえでマーケティング戦略を策定しなければ、実効性を備えた戦略にはなりえないでしょう。

 財務の知識を身につけることで、マーケティング戦略を企画する段階から実現可能性を意識することができるようになり、戦略がより実用的で現実的なものになります。今回は、マーケティング戦略を策定する上で最低限身につけておきたい「財務」の知識について解説します。

1. 財務とは何か

 マーケティング戦略における財務知識の役割は、戦略におけるお金の流れを意識すること、に相当します。どんなマーケティング戦略でも、お金の流れは非常に重要です。お金がかかる戦略とかからない戦略では予想される効果も異なりますし、コストを考えずにマーケティング戦略を策定することは不可能です。

 財務知識を身につけることでお金の流れを正しく把握できるようになり、最適な戦略を実現するためにはどのように予算を組めばいいのか、ということを意識しながらマーケティング戦略を考えるようになります。

 財務の知識を身につければ、マーケティング戦略を短期的な視点だけでなく、長期的な視点で考えることができるようになるでしょう。単にお金に関する知識を学ぶのではなく、資金をどのように使えば有効な結果が生まれるのかを意識することで、より質の高いマーケティング戦略を実行する力が身につくはずです。

2. 最適な分配が最高の結果をもたらす

 財務を考えるということは、予算の適正配分を考える作業でもあります。マーケティングに必要な予算の総額がいくらであるかに関わらず、分配には最大限の配慮が必要です。重点項目を作ることで戦略の方向性やターゲットを明確にできるようになり、予算枠の中で最大限のマーケティング戦略をとることができます。

 財務の知識が無ければ予算を正しく分配することができず、期待したほどの成果が得られることはありません。財務をの知識を身につけるということは、最適なリソース配分を目指すためにも重要な役割を持っているのです。

3. 実現しなければマーケティング戦略は失敗

 どんなに素晴らしいマーケティング戦略を策定したとしても、それを正しく実行できなければマーケティングは失敗という結果になってしまいます。マーケティング戦略を現実に正しく反映させるためには、企画を実現する実行力が必要になるのです。実行力を用意するには予算が重要になりますが、財務の知識が無いまま予算を編成してしまうと正しく戦略を実行できないかもしれません。

 目の前にある問題解決にどんどん予算をつぎ込んでしまっては、後になればなるほど資金繰りが苦しくなってしまいます。財務の知識を身につけておけば、必要な時に必要な分だけ予算を配分することが可能になり、マーケティング戦略を正しく実行することができるでしょう。


 マーケティング戦略とは、企業と市場の関わりから新たな価値を見出す行為です。財務の知識が無ければ、マーケティング戦略は単なるアイデアにすぎず、理想的な形で実践することは不可能でしょう。基礎的な財務の知識があれば、マーケティング戦略に実現可能性を付与することが可能になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する