1. 訓練をすることで発想力は磨かれる!豊かな発想をするために行いたいトレーニング方法

訓練をすることで発想力は磨かれる!豊かな発想をするために行いたいトレーニング方法

by BONGURI
 企画や提案をするビジネスマンであれば、多くの人が柔軟な発想を身につけたいと思うのではないでしょうか。発想力は天性のものだと思われがちですが、トレーニングをすることで身につけることが出来るでしょう。ここでは、柔軟な発想をすることができるトレーニング方法を紹介していきたいと思います。

「発想しりとり」をする

 「発想しりとり」というのは、テーマを決め、その中でしりとりで出てきた語句をもとに新しい発想を考えていく思考法のことです。たとえば、新商品を考える時に「りんご」や「ゴリラ」を利用して、どのような新商品が考えられるのかを思考していきます。こうすることで、柔軟な発想を身につけることが出来るでしょう。

既存の物語に別の結末を付けてみる

 物語は、ある意味本の作者が発想したことです。そこに自分の発想で、物語を付けて別の結末を付けることで、想像力が豊かになり、発想力を柔軟にすることが出来るでしょう。物語では、常識にとらわれない発想もできるため、こうした発想の仕方が、柔軟な発想に繋がることは間違い有りません。


 ここでは、柔軟な発想をすることができるようにするためのトレーニング方法を紹介しました。柔軟な発想をするためには、自分の頭を鍛えていくことが必要です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する