1. ネーミングが商品の運命を分ける!商品開発の提案をするときに気をつけたいこと

ネーミングが商品の運命を分ける!商品開発の提案をするときに気をつけたいこと

by Paul Davidson
 商品を開発し、提案するときには、ネーミングというのも重要な要素になります。ネーミングがいい商品は、顧客の印象にも残りやすくなり、ヒットが期待できるでしょう。ここでは、提案した商品のネーミングを付ける時に気をつけたいことを紹介していきます。

商品が想像できるようなネーミングにする

 ネーミングを聞くだけで、商品がイメージできると、より多くの人に受け入れられることが期待できるでしょう。より多くの人の注目を集めることができれば、競合他社より有利になり、結果的に販売実績に繋がっていくことになります。ネーミングをするときは、ある程度商品の特徴を考慮に入れながら決めていくといいのではないでしょうか。

ターゲット層を意識する

 商品のターゲット層が女性か男性か、また、年齢層をどこに置いているのかに基づいて、ネーミングすることが大切です。ターゲットとして、狙っている層を意識することで、若者向けの商品であるのかであったり、女性向けの商品なのかを顧客に示すことができるでしょう。


 ここでは、提案した商品のネーミングを付ける時に意識しておきたいことを紹介しました。わかりやすいネーミングを付け、商品のターゲットや特徴を意識したものを名前として付けるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する