1. 構想は発想から生まれてくるもの!「発想」と「構想」の違いを意識しよう

構想は発想から生まれてくるもの!「発想」と「構想」の違いを意識しよう

by nekonomania
 話の中に出てくる「発想」と「構想」の違いを理解しているでしょうか。発想と構想の違いを理解することで、相手の考えていることの深さや考えている内容を理解することが出来るでしょう。ここでは、アイデアを出す際に知っておきたい発想と構想の違いを紹介していきたいと思います。

「発想」はひらめきに近いもの

 発想というのは、その場で考えて思いついたことであったり、ひらめきに近いものになります。アイデアとして思いつきはしたものの、それが本当に実現するのかは考えていないというのが、発想の定義になります。発想力を鍛えるのは、発想が出てくる回数を増やすことと、発想として実現出来そうなものにするという意味があると言えるでしょう。

発想を元に「構想」していく

 構想は発想とは違い、もっと建築的なアイデアとなります。「構造」や「構築」という言葉があるように、構想の「構」の字には、組み立てていくという意味があります。発想よりも、もと先の計画や、プランニングまでできているアイデアや考えを構想と言うのではないでしょうか。


 ここでは、アイデアを出す時に知っておきたい発想と構想の違いを説明しました。発想で生み出されたアイデアを現実のものにするために構想へと成長させていくことが重要になります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する